本音のパートナーシップとは?恋愛で本物セルフラブを育む!

今回のテーマは、本音のパートナーシップについて。

来月には初となる恋愛パートナーシップ講座を開講しますが、この講座のメインテーマはやっぱり「セルフラブ・インテグレーション=愛とひとつへ=ラブワン」なんですよね。

恋愛、結婚というのは、血の繋がっていない一番身近な人とのコミュニケーションを通じて、自分自身への愛を育んで深める素晴らしいものです。

恋愛や結婚をすることを恐れていたり、すでにパートナーがいてパートナーに不満がある人は、自分を愛することを恐れていたり、自分への不満が大きかったりするわけで。

まさにパートナーは写し鏡です。

愛し合いたい、仲良くしたい…というのが人の本音なわけですし、そもそもぜーんぶが愛から始まっているので、恐れて離れようとするのは愛から逃げようとしているのと同じなんですよね。

ルッシー
昨日の夜、奥さんとケンカしてたもんなっ!

オマエ自身に言ってるんだなっ!

クックック…

る、ルッシーくん!?

君はなんでもバラしちゃうんだね!

ケンカするほど仲が良いと言いますが、そんな良いもんじゃないかもだけど、うちの夫婦はめっちゃ本音で隠し事がないので…ケンカになることもしょっちゅうです。笑

僕にとって妻は・・・

ラブワンを育ませてくれるもう一人の自分ですね。

ラブワンからパートナーと一緒に幸せに!相手の不満は自分の不満!?

ご縁は、エネルギーの共振共鳴によって起こります。

だから、目の前にいるパートナーは、自分と超近しい存在であって、その相手を否定したり不満を持ったりするのは、自分を否定したり不満を持ったりしている証拠なんですよね。

ルッシー
グサッ…と来てるなっ!

オマエ自身が!

クックック…

って、笑えねーよっ!

ルッシーのあまりに的確なツッコミはスルーしてっと。

これはパートナーだけじゃなく、親や兄妹など近くにいる家族も同じです。

どうして身近な人を否定したくなるのか?

それは自分が責められていると感じるからに他ありません。

でも・・・

実際には相手は自分を責めていないのです。

もし、相手が自分を責めるような不満を言って来たら、それは相手が相手自身に不満を持って自分を責めているわけなんですね。

しかーしっ!

これは他人事じゃなく、自分事です。

あなたの目の前にいる大切な人が今に不満を持って自分を責めているということは、あなた自身が自分を大切にせずに不満を持って自分を責めているということだから。

ルッシー
あー、ぜーんぶ相手のせいにしたいのにイタタ・・・だなっ!クックック…

ルッシー冴えまくりだなぁ~。笑

でも、良いの良いの。

チャラ悟りメソッドの「ぜーんぶ人のせいにしようキャンペーン」&「めたくそダメ出しキャンペーン」を活用すれば、自分へのメッセージとしてしっかりと受け取れますからね。

感情解放のコツ!ぜーんぶ人のせいにしようキャンペーン♪

2017.10.17

めたくそダメ出しキャンペーンとは?自分の本音を知るワーク!

2017.11.02

うーん、ラブワンッ!w

我慢せずに本音を伝えるのが一番!失うことを恐れないこと

 

恋愛やパートナーシップの最大のコツは、本音を伝えるということです。

本音がどれか分からない…という人は、昨日の記事で書いたラブワン思考を活用してみましょう。

恐れからのマイナス思考癖を見抜く!ラブワン思考にチェンジへ

2017.11.14

愛からなのか?恐れからか?

本音は愛から来るものです。

でもね、そーんなに本音って上手く表現できるもんじゃないですから、恐れからの気持ちを伝えちゃったって大丈夫。ちゃーんと反省して謝ればいいじゃないっすか。それも本音なんだしw

伝えられないよりは恐れからの気持ちですら伝えて、ケンカしちゃうほうが良いでっす。で、ちゃーんとあとで愛からの本音を伝えて謝りましょうねっ!笑

相手を失うことの恐れから本音が言えず、あえて遠ざけたり離れようとしたり…愛から逃げようとする習慣が付いてる人って、僕を含めて人類にはめっちゃ多いんじゃないですかね。

でも、それも単なる習慣です。

そのことに気付いたら、習慣を変えれば良いだけ。

そして、大切な人を幸せにすることが・・・

自分の幸せになります。

自分を大切にすることになります。

ルッシー
さあ、奥さんに謝って来いやっ!

言われなくてもそうするわっ!

…って、謝るんかーいっっっ!!

ってな感じで、またお会いしましょう。

See You!

P.S.
来月に妻とコラボで行なう恋愛ラブワン講座《愛魂-aikon-》はハンパない内容です。

どうぞお越しくださいませ♪

恋愛パートナーシップ Ver.ラブワン講座《愛魂-aikon-》開催!

2017.11.07

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です