パートナーは魂の片割れ!愛を育むパートナーシップとは?

今日のテーマは、「パートナーは魂の片割れ」です。

スピリチュアルでは、ソウルメイトとかツインソウルという言葉を使いますが…この言葉が独り歩きしてしまったら、目の前に現れたパートナーの存在を蔑ろにしてしまいかねません。

ご縁によって奇跡的に巡り合った相手ですし、何でもかんでもすぐに別れるとか離婚とかっていうのは、ちょっと違うんじゃないかなーって感じてます。

もちろん、別れることは否定しませんが…理想のパートナー像を遠くに置いて、目の前のパートナーを見ないようになってしまったら…現実逃避にも繋がって行きます。

シンデレラコンプレックスという言葉もあるくらいですし、これは女性の深層心理を描く言葉として有名ですが、実際のところは男女問わずなんじゃないでしょうか。

シンデレラコンプレックス(英: Cinderella complex)

男性に高い理想を追い求め続ける、女性の潜在意識にある「依存的願望」を指摘したシンドロームの名称。童話『シンデレラ』のように、女は今日もなお、外からくる何かが自分の人生を変えてくれるのを待ち続けている、としてこう名付けられた。

参照元:ウィキペディア

目の前のパートナーは・・・

自分の魂の片割れであって写し鏡です。

だから・・・

パートナーを否定すること=自分を否定することになります。

「類は友を呼ぶ」と言いますが、エネルギーの共振共鳴によって現れた相手ですし、パートナーとは自分が隠している本音をキャッチさせてくれる存在なんですよね。

自分の本音を知って、本音から今を生きることで…愛は育まれて広がって行きます。

特に今は、男性性と女性性のバランスが変化していますし、統合の時代と言われてるくらいなんで…男女がフラットに本音を伝え合って助け合って、愛を表現する時代なんじゃないでしょうか。

ルッシー
あーつまんねー。

横槍入れるタイミングがつかめねーぜっ!

確かに!ちょっと邪魔しずらい内容かも。

って、邪魔しなくて良いよっ!笑

理想のパートナーが現れない理由とは?自分の本音を知ること!

今、パートナーがいても不満だらけだったり、独身で彼氏彼女というパートナーがいなかったりなど…理想のパートナーが現れないと嘆いてる人にオススメのワークがあります。

それは・・・

自分の理想のパートナーを書き出すこと。

例えば、下のような感じですね。

  • 優しくて話を聴いてくれる。
  • 面白い話で楽しませてくれる。
  • お金持ちでゆとりがある。
  • イケメンでカッコイイ人。
  • 包容力があって包み込んでくれる。

こういった理想のパートナーについて好きなだけ書き出してみて、どうしてそういう人であって欲しいのか、そういう人が現れて欲しいのかをさらに書き出して行くんですよね。

  • 優しくして欲しいのはどうして?
  • 楽しませて欲しいのはどうして?
  • ゆとりがあって欲しいのはどうして?
  • 美しくあって欲しいのはどうして?
  • 包み込んで欲しいのはどうして?

…こんな感じで、自分に聴いて掘り下げてみましょう。

このワークに正解はないですから、自由に好きに書くというのがコツですね。誰に見せるわけでもないので、チャラ~い不謹慎な内容も書き綴っちゃいましょーねっ!笑

このどうして?という質問を何度も何度も行なってみて、辿り着く先にあなたのシンプルな本音があります。回答がシンプルになるまで、この作業を続けてみてください。

そして、パートナーに「包み込んで欲しい。美しくあって欲しい。〇〇して欲しい」などのシンプルな想いは…実は自分自身に向けられたメッセージであることを知ってください。

話を聴いて!と相手に求めるのは自分の声を自分に聴いて欲しいから!?

これは僕自身のあるあるですが・・・

妻に「もっと話を聴いてくれ!」と言うことが一時期多かったんですが、それは他ならぬ自分へのメッセージであって…普段から自分の話してる言葉を聴いてなかったからだったんですよね。

まさに・・・

妻を通じて、自分に伝えているわけです。

相手と本音を伝え合えるのが大切ですが、それが難しいのならセルフワークで構わないので上のように書き出すのが一番です。

相手への不満は、自分への不満なんですよね。

だから、相手に普段から言っている自分の言葉を思い返したり、本音の伝えたい気持ちを書き出すなどして…しっかりと客観的に自分へのメッセージを見てあげましょう。

これをやっていくことで、あら不思議・・・

本音で話せて愛を育めるパートナーが現れます。

パートナーがいる人もいない人もぜひお試しあれ♪

ルッシー
クッ!最後まで出番なしかよっ!

ルッシー、ごめんね~。笑

という感じで、また次回にお会いしましょう。

See You!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です