本当の自分がわからない!私はだぁ~れ!?

本当の自分ってよく言うけど、それってあまりにも抽象的過ぎてわからなかったりしませんかー?

自分の本当の気持ちを知ることさえできれば…シンプルにその気持ちに沿って行動していくことで、人生はとっても楽ちんで幸せになってくんだと思います。

でも、僕は本当の自分の気持ちって、最近になってようやく分かるようになったくらいの自分探しジプシーちゃんでした。

けど、今日は自分の気持ちではなく、本当の自分とは誰?というのがテーマ。

実は、すごく当たり前で見逃してるだけなんですが…

本当の自分は何者でもない!?なんだそりゃ!

悟りの世界では、本当の自分を「本来の面目」といいますね。

答えを言っちゃえば、本当の自分って何者でもなかったんですよね。トゥルントゥルンのっぺらぼーなわけですよ。

僕は以前に11泊12日のヴィパッサナー瞑想合宿に参加し、周りの人たちとのおしゃべりを禁止されてる中、合計100時間ほどの瞑想に耽りました。オー!クレイジー!!w

ヴィパッサナーとは、パーリ語で「観察する」という意味。

そのときにおこなった瞑想は、解釈を持たずにただ起こってることを見る…という内容でした。

思考、感情だけでなく、聞こえる音、感じる温度、かゆみ、痛みなどの身体に起こってるすべての感覚にいたるまで、解釈を取り外してひたすら観察し続けます。

合宿の後半には、普段では感じ取れなかった微細なエネルギーが体中に生じてるのを感じられようになり…すべては現れては消え、消えては現れるの繰り返しであることに気付きました。

すべては移ろい変わりゆく・・・
諸行無常・・・つかめるものは何もない・・・

ただし、一つだけ現れも消えもせず、変わらないものがある。

それはすべてに気付いてる何か。それは物語の登場人物である「わたし」ではなく、登場人物とその世界をいつもただ黙って静かに見守っている「本当の私」。

本来の面目を知っても悟っちゃいない!?

正直な話、僕はこの体験をしたとき、「悟ったどー!」と勘違いしまくってました。ああ、恥ずかしい。もうお嫁にいけないかも。いや、男だし既婚だし、そもそもお嫁にはいけないか。

興味がある人は、一度参加してみるのも面白いですけどね!

周りからは「頭おかしいんじゃねーの!!」って、ツッコミ入れられまくりになるかもですけど。

でも、すごく良い体験でしたし、ヴィパッサナーは今も日常で自分を客観的に見るのに役立ってますよー♪

ただ在る…という状態にいつでもなれるようになったのは、まぎれもなくヴィパッサナー瞑想合宿に行ったおかげでしたから。

千葉、京都の二か所にて、お布施制にて実施されてます。採食料理、玄米がめっちゃ美味かったなー。

もし行くんなら、ちゃんと俺と同じく100万円くらいお布施してねー。え、ウソばれた?笑

≫日本ヴィパッサナー協会サイトはこちら

 私はいない…無我は悟りの境地じゃない!のでは?

悟りの定義はいろいろとありますが、僕的には「私はいない」ということを頭で理解しただけでは、単に婦人の絵が老婆にも見える…みたいなトリックに気付いたのと同じ程度かなって。

ill_girl_or_old

それだけで幸せになれるなら良いけど、いつも気付いてる何かの存在を知ったからって、現実的に目の前の世界がガラッと変わって楽になったりはしませんでしたから。

じゃあ、どうしたら楽になるのよ!

本当の自分を生きれるようになるには、いったい何が必要なの!?

って思いますよねー。

僕はそれを追い求め続けて、何十週と自分の中をぐるぐるとメリーゴーランドのように回り…まるで、久保田利伸の「LA・LA・LA LOVE SONG」状態へ。

久保田ファンならまだしも…あなたにはそうなって欲しくないので、(ぐるぐる回るのもアリだけどw)あくまで僕の見てる世界の解釈からですが・・・重要なポイントをシェアさせていただきまっす。


love-1381420_640

何よりも大切なのは、
「ハートを開くこと」

そして、
「自分の声を聴くこと」
最後に、
「身体(肚)を開くこと」

ということで・・・

上の3つについては、また別の記事で詳しく書きまーす。

またね~♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です