ザコが愛を語ってんじゃねー!?大天使ルシファー降臨!

よっしーでっす。

今日は1月23日っすねぇ。ワンツスリー!って何か縁起が良さげっすねw

今年に入ってから、ここ数年での自己探究からの気付きが核心的に深まり、自分はすでに究極の愛の中にいて…そこから一歩も離れたことはなかったことへと引き戻されました。

そして、自分とはこの完璧な宇宙の調和の一部であり、世界には何も問題がなく、今しか存在してないことへと回帰したわけです。

問題は、自分が作り出してるだけなんですよね。自我の視点が。過去の記憶から、あーでもないこーでもないって…自分の都合の良いように物事をコントロールしようとする。

けど、すべては宇宙の流れであって、それを自我にはどうすることもできなくて。

引き寄せの法則、悟り、ワンネス、ノンデュアリティ、アセンション、アドラー心理学など・・・本質を捉えているメッセージは、すべてこのことを指し示しているんでしょうね。

そして、このことに気付き、自分の身体からのメッセージを聴いて本音で今を生きれば生きるほど、より宇宙と調和して心身ともに健康で幸せを体現できるようになるんだろうなって感じて、僕は今身体の声を聴きながら、今に在ることに取り組んでるわけでっす。

…とは言ってもこの世界は「今」の連続だから、より宇宙と調和…っていう他と比較するような言葉の表現はおかしくて、ずっと完全な調和しかないんですけどね。

だから、今がどんな状況でもどんな自分でもオッケー♪迷っても苦しんでも愛そのもの!

てな感じで、これから僕は宇宙の法則に従って、宇宙の視点、完全な調和の視点、五次元の視点、究極の愛の視点から生きることにしました。

よっしー
俺やったぜ!ついにアセンションか!?

多くの人とこの喜びを共有したい!

みんなと幸せを分かち合いたい!!

そして、愛を循環したい!!!

???
うるせーな!黙れザコがっっっ!!!
よっしー
・・・へ?何だ、今の・・・?
???
なにが愛だよ!?ザコのくせにっっ!!
よっしー
え、誰ですか!?・・・ザコって…まさか僕のこと?

大天使?堕天使?どっち?光をもたらす者…その名はルシファー!?

愛から生きようと決意したよっしーの前に…突然現れた謎の声。

「うるせー黙れ!」「ザコが愛を語るな!」と、いきなりよっしーへ罵倒の言葉を好き放題浴びせてくる。この声の主とは一体・・・?

よっしー
あの…誰なんですか?もしかして…神様だったりして?
ルシファー
フッ…俺の名はルシファー!神からもっとも認められし大天使様よ。
よっしー
え!ルシファーって!?

たしか堕天使…悪魔のことじゃなかったっけ!?

ルシファー
フッ…俺の名はルシファー!神からもっとも認められし大天使様よ。
よっしー
・・・ん?さっきと同じセリフ?あの…あなた大魔王サタンなんですか?
ルシファー
フッ…俺の名はルシファー!神からもっとも認められし大天使様よ。
よっしー
何度もコピペすなっ!もう分かったから!

あなたはルシファー…神に認められし大天使なんですね?

ルシファー
違うっ!「もっとも認められし」…だ!!
よっしー
そこそんなに重要?大天使のくせに器ちっちゃいなぁ。

…てか、いきなり何なんすか?さっき俺のこと、ザコって言いましたよね?

ルシファー
…オマエの発言があまりにザコだったから、つい言いたくなっちまってよ。悪気はないから許せよ…な?超ザコ男よ。

よっしー
いや、超ザコ男って酷くなってるし!…まったく反省してないでしょ?

ってか、どこがザコ発言でした!?身に覚えがないんですけど?だって、さっきからずっと良いことしか言ってなかったじゃん!?愛っすよ!愛!!

僕を超ザコ男呼ばわりするルシファーの登場に戸惑いながら、どこがザコ発言かだけはハッキリしておきたかったわけですよ。そしたら、ルシファーの野郎…いや、大天使様が・・・

キレイごとを語るのはザコ!?本当に分かってるヤツは愛を語らない!

「ハッハッハ!お前ってザコなだけじゃなく、超バカだろ?キレイごとや愛を語るヤツほど胡散臭ぇーと思わねぇか?大抵の宗教が言葉じゃ良いこと言ってんだぜ!なのに…どうだよ?」

と、嘲笑いながら僕に言い放ってきたんですよね。

うーん、悔しいけど、何だか妙に説得力がある。あんまり宗教に詳しくないけど、宗教家って何となく教えに縛られて苦しんでるイメージ強いし。

でね、面白そうだからって、ルシファーは僕の今後の活動をサポート(邪魔じゃなくて?)したいそうで・・・これから、ちょくちょくこのブログに顔を出して、「人間たちに光をもたらすため、愛の毒舌でツッコミを入れまくってやるぜ!」とのことでした。

・・・いや、愛の毒舌って。

よっしー
アンタも愛を語っちゃったよ!
ザコじゃん!!

アセンションプリーズ!!w

ってな感じで、また次回に。

またね~♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です