弱さを許せると気にならなくなる!弱さを放っておける強さへ

最近は体験談が続いてましたが、今日のテーマは「弱さを許せると気にならなくなる。」です。

自分の周りで許せない人がいる、そういった人の行動や言動がどうしても気になってイライラしてしまう…それって、自分の中にある自分自身に許せていないことを投影しています。

そして、許せないから戦って打ち消そうとするんですよね。

けど、実際には外側に映し出しているのは鏡の自分ですから、いくら戦っても意味がありません。むしろ、自分の中の許せないことを否定して、自分で自分を傷付けてしまいます。

僕が最近、周りに映し出していたのは、自分の中にある許せない弱さでした。

だからといって、この弱さを投影している相手を説得したって意味がありません。何故なら、その人その人の人生があるわけですし、そもそも一人ひとりが自由なわけですから。

人は、弱さに負けてしまうことから学ぶこともたくさんあります。むしろ、自分の弱さを知らなければ、強さを選んで生きることはできません。

自分の中の弱さを十分に受け入れて認めて許すことができたら、他人に映し出している自分の弱さが気にならなくなります。

弱さを許して放っておけることこそが、本当の強さなんですよね。

弱さを許して放っておく方法とは?本当の自分から生きること!

自分の弱さを許して放っておく方法は、本当の自分から生きることです。

思考、感情、身体の感覚…すべては現れては移ろい消えるものであって、本当の自分ではありません。本当の自分とは、その背後にあるすべてをただ見守る愛そのものです。

本当の自分と繋がって今を生きることが、本来スピリチュアルが伝えている真のメッセージです。

愛から今を生きるということ。

愛は今ここに在ります。

だから、今を生きることが本当の自分から…愛から強く生きることなんですよね。

本当の自分から生きることで思考を超えてハートが開き、身体の中に集積されている過去の感情のエネルギーが解放されるようになります。

ここは体験するしかないので、詳しいやり方は過去の記事を参考になさってみてください。

本当の自分から生きることで、過去に抑圧した感情のエネルギーがどんどん流れ出るようになって、自分の中で許せなかった憤りの感情への執着が手放されます。

恐れや不安、悲しみ、怒り、憎しみなど…そういった感情が沸き起こったら、まずはその場でゆっくりと息を吐いて、吸ってという深呼吸を行ない、集中して呼吸を意識してみてください。

呼吸は、本当の自分へと戻してくれるツールです。

強い感情に支配されるときは、ちゃんと出し切って感じよう!

深呼吸を意識して行おうとしても感情がワーッと出て来ているときは、本当の自分と繋がってただ受け流すのが難しいこともあります。

こういった時には無理をせず、感情をちゃんと出し切っちゃいましょう。

オススメは、過去の記事でご紹介した「ジベリッシュ」です。

ジベリッシュ以外なら、カラオケで絶叫して歌うとか、クッションをバンバン叩いて発散とか、本音で話せる友達やパートナーに協力してもらって、「今から感情解放ワークを行なうので、私の言うことをジャッジせずにただ聴いてもらえますか?」と承諾を得た上で、思いの丈を吐きまくり…それを相手に受け流してもらうというのも超有効です。

∞高次元調律∞を受けられた方は、ヴィパッサナー瞑想100時間を実践したくらい本当の自分と一気に繋がりますから、今までに抑圧していた感情がドバーッと出ることも少なくありません。

感情解放は素晴らしいことなので、上のような解放ワークも活用しながら、ある程度の感情が出切ったら本当の自分と繋がって今ここに在る愛を感じながら日々の生活をなさってくださいね。

コツさえ掴んでしまえば、とてもシンプルにできるようになります。

ただし、正しいやり方をしっかり学んで実践することが大切ですし、「本当の自分と繋がって、今を愛から生きるをテーマとしたセルフワーク講座」をご用意させていただくことにしました。

題して、「セルフラブ・インテグレーション講座」です。

こちらは決まり次第、近日中にご案内させていただきます。

と、最後は宣伝になってしまいましたが。笑

また次回お会いしましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です