情報の取捨選択が人生の鍵!信じていることが現実になる!?

さて、今日は情報の取捨選択ついて。

今はインターネットやスマホの普及によって、誰もがカンタンにいろんな情報を知れる時代で。世の中にはたくさんの情報があり過ぎて、どれが本当でどれが嘘か…見分けるのが大変なくらい。

だからこそ、情報の取捨選択力は本当に重要です。

人は自分が選んでいる情報の中でしか物事を判断できませんから、信じている情報を頼りに目の前のことに意味付けをする…要するに信じていることが現実になるというわけなんですね。

情報の取捨選択によって、人生が決まる!

と言っても過言ではありません。

てか、今日のテーマはすごく良いかも。笑

って、自分で言うなよーーーっ!ですけどねw

なぜ自由に選べないのか?情報をシャットアウトする壁とは?

これだけ簡単に情報が手に入るのに…有益な情報を選んで人生で活かせなかったりして。

なぜか自由に選択ができない。

そういうことが当たり前のように起こっています。

その原因はなぜかと言えば、過去からの思い込みが邪魔をして…目の前にある情報を中立な目で見れないから。フラットに正確に読み取れないからなんですよね。

だから、せっかく素晴らしい情報に触れてもそれを活用できない。せっかく素晴らしい話を聞いても日常で活かせない…というわけです。

これを例えるなら、パソコンの検索エンジンが分かりやすいですね。

僕は以前の仕事柄、検索エンジンの対策(SEOと呼ばれているもの)について少し知っているんですが…人の頭の中にもまさにこの検索エンジンが搭載されています。

で、目の前で起きていることに対して、瞬時に頭の中の検索エンジンにキーワードが打ち込まれ、過去のデータから上位に表示された情報を元に物事に解釈を付けるわけで。

例えば、初対面の男性がいたとします。

その人の外見は、シンプルなデザインの眼鏡をかけていて、服装はダーク系カラーのシックなスーツ。体系は痩せていて、かいた汗をハンカチで拭っています。

そうするとあなたの頭の中で検索エンジンにこれらのキーワードが打ち込まれます。

「眼鏡 スーツ 痩せている 身だしなみが良い」

…っていう感じですかね。

そして、意味を付けます。

「この人は真面目で几帳面、きっと気遣いができて仕事もテキパキとこなしそうだなぁー。あ、でも気を遣いすぎちゃって、ストレスとか溜め込みそう…。」と。

いかがですか?

もちろん、ここに正解はありません。人によっては眼鏡=性格が暗い…という過去に仕入れた情報による思い込みデータを持っている人もいますし。

本当に人によって、物事の見方は様々です。勝手に解釈を付けています。

これは以前に書いた僕と妻とのあらじおをめぐる会話が参考になりますね。

だからこそ、情報の取捨選択ができるようになるには、まったくゼロの中立でフラットな目を持つことが大事。そうじゃないと過去の勝手な思い込みデータに引っ張られますから。

情報の取捨選択力がある人は、人生の主導権を握れる!

情報の取捨選択力がある人は、人生を自由に選べます。

過去の思い込みに縛られていないので、過去のデータはあくまで一つの統計データとして活用ができますし…目の前で起きていることを真新しい目でフラットに見ることができます。

そして、常に情報を最新データに更新して行ける。

ビジネスで上手く行ってる人は、この情報の取捨選択力に長けていますし、情報に踊らされることがないです。さらには、得た情報を活用して、上手くビジネスを行なうわけです。

どんなビジネスでもそうですが、情報弱者と言われる人は…その情報を妄信してしまう。

そして、お金を時間もたくさんつぎ込んで…。

けどね、今の時代は誰でも情報が入手できるから、情報弱者ってすごく少ないはずなんですよ。でも、やっぱり同じようなことが起きていて。

それは、情報の取捨選択ができるフラットな目を持っていないからなんですよね。

過去の思い込みには、感情のエネルギーがくっついています。これを手放して解放してあげないと…ずっとそれが反応をし続けて、選びたいけど選べない…制限になってしまう。

って、何だか長くなりそうなんで、この話はまた次回に♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です