吉川貴比呂って誰なの?よっしーのプロフィールが知りたい!

全国の吉川貴比呂ことよっしーファンの皆さま。そして、ファンじゃない皆さま。

こんにちわ~。

今回から数記事に分けて、僕のプロフィールをお伝えしようと思います。

待ってたでしょ?え、待ってないって!?

あ~、良かった。待ってない!って言葉の意味だけ、日本語の中で唯一知らなくって~!

スピリチュアルなことを結構書いてますが、僕がどんな人物か分からなきゃブログを読んでもらえないんじゃない?と、不安になって…最近、夜しか眠れなくなっちゃったので、プロフ書かせてくださーい。

って、夜しか眠れないのはあたりまえかー。笑

スピリチュアルを学ぶようになったキッカケは、引き寄せの法則に惹かれたからなんですが・・・

ウソでしょ!?引き寄せの法則で願いが叶った!?

まず、初めて引き寄せの法則を知ったのは、今から11年ほど前。

すごいでしょ?意外と昔でビックリでしょ!?…と余計な前置きはさておき。笑

僕はその頃、30歳になったのを一つの節目として、お笑い芸人を一度辞めて引退しました。その数年後、再チャレンジしますが・・・それはまだ先のお話。

芸人を辞めてすぐに親友が働いてる会社に誘われて就職し、学習塾への入会の営業&高額な学習教材のセールスの仕事を始めました。

この会社は、俗に言う超スーパーウルトラなブラック企業で、上司たちは会社のお金を横領するわ…事務員の女子社員に手を出すわで最悪の環境。

ちなみに上司はマネージャーとサブマネージャーの二人がいて、サブマネージャーは僕をこの会社に誘った中学時代からの親友。そして、女子社員に手を出したのは彼。

やりたくない仕事から逃げたくて自己啓発本へ

books-1194457_640

セールスの仕事内容もすごく大変で、特にテレアポで僕は精神的にとてつもなく追い込まれて病んでいっちゃいましたー。あー無情。ジャンバルジャンッ!

お笑いをやっていましたし、口は上手いほうですが、相手の顔が見えない中で…ガチャ切りされる、怒鳴られる、個人情報をどこで知った?とクレームを言われるなど…

経験したことある方なら、この辛さがよくお分かりでしょう。しかも、僕一人っきり事務所で黙々とテレアポしていたので、ハンパない苦痛でしたねー。

しかし、お笑いを辞めた直後だったし…就職したばかりの会社まで辞めてしまったら、今後どこへ行っても続かずに逃げまくる人生になるだろう・・・

そう思って歯を食いしばり、胃を壊して口臭いエブリデーになりながらも、ノイローゼ&シャンゼリーゼになりながらも仕事を続けたんですよ。

そんな中で唯一の救いを挙げるなら、この会社が集客に使っていたダイレクト・レスポンス・マーケティングという手法がとても面白かったということ。

エモーショナル・マーケティングから人の心理を学ぶ!

日本を代表するマーケッターの神田昌典さんが提唱しているエモーショナル・マーケティングのテクニックを使った文面のDMをご家庭に送り、反響があった見込み客に来店してもらって営業して成約を取る!…

という流れが主のプロモーションをしてました。

エモーショナル・マーケティングとは、人の心に大きな感動を与えて顧客獲得するマーケティング法。

今でも忘れません。僕を惹きつけたDMの冒頭のキャッチコピー・・・

「もし、お子さんの成績に不満がなければ、この手紙は読まずに捨ててください。」

こんなこと書かれてたら、思わず開いちゃうでしょ!?と心をブラブラとブランコのように揺さぶられまくりましたね。心理学、マーケティングってすごい!!ってね。

今じゃどこでも目にするありきたりなコピーですが、2005年頃はすごーく斬新。

しかも、このキャッチコピーをできるだけ読んでもらえるように封筒はビニール製のものを使って、DMの中身が外から見えるように工夫されてましたー。

元々、心理学には興味があったので、神田さんの書籍を次から次へと読み…ダイレクト・レスポンス・マーケティングを通じて、実践的な誘導心理学を学ぶようになったのです。

この続きは次回に…初の引き寄せの法則で願いが叶った!?エピソードでっす。

ではでは、またね~♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です