カウンセリングは愛のセッション!本物の愛を他者と育むツール

今回のテーマは、

カウンセリングは愛のセッション

です。

スピリチュアルの学びが生きる!ありのままの最高のあなたへ

2018.05.11

前回の続きとなります。

 

僕は僕のままで良かった

と心から思えるようになったのは、

パートナーからのアドバイスを受けて、

カウンセリングによって

自分自身を見つめ直したおかげでした。

 

自分では無意識的にずっと避けていた

暗闇と向き合うことができたおかげで、

その中にあった宝物と出会えたのです。

それこそが・・・

ありのままの自分でした。

 

 

そして、自分に与えられていた才能に

気付くことができたのです。

このことは、

下の記事に詳しく書いています。

闇に光を当てる大切さとは?自分の中にある宝物を見つけよう!

2018.05.06

 

カウンセリングとは、

他者の協力を通じて、

本物の愛とは無条件であること

を知らしめてくれるツールです。

無意識の防衛反応がカウンセリングを拒絶!人を信頼する恐怖も!?

でもね。

実は、スムーズに行ったわけじゃないんです。

 

人から期待されることへの恐怖心から、

無意識の防衛反応が見事に起こって、

僕は最初カウンセリングを拒絶しました。

人を信じるのが怖いという反応が、

今でも出てくるほど習慣になってますから。

 

カウンセリング後に家に帰ってからは

元に戻そうとする揺り戻しが起こるし、

心から信頼できる相手でなければ、

カウンセリングは上手く行かない

という実感を得ています。

 

心から信頼できる人とは、

あるがままに寄り添う心を持っている人

 

言い方を変えれば、

ハートが大きく開いている人

ですね。

素直で純粋な人ほど傷付いている!カウンセリングで愛を循環へ

素直で純粋なピュアな人ほど

過去の経験から、

心に深く傷を負っています。

スピリチュアルに興味を持つ人は、

優しい性格の人が多いですし。

 

しかし、傷付いている人ほど防衛反応が強く、

なかなか人に心を開くことができません。

僕と同じように「攻撃された!」

という反応を起こしやすいんですよね。

 

そのため、スピリチュアルを学び、

ハートを開くことや真実の愛

を探し求めるようになるわけです。

僕もそうでした。

 

だからこそ、

ハートが大きく開いている人からの

カウンセリングによる導きによって、

自分の存在そのものが

無条件に愛されるものであったことを

体験として知ることが大切なんです。

 

信頼できるカウンセラーさんを見つけたなら、

一度足を運んでみることをオススメします。

もちろん、僕を選んでいただけるなら、

責任を持って、誠心誠意努めてまいります。

 

それが、僕を導いてくれた彼への

一番の恩返しになると感じています。

与えてもらった愛を循環したい。

それが僕の素直な気持ちです。

現在、メンタル心理カウンセラーの勉強中で、

今月には資格取得となる見込みです。

僭越ながら、

彼に引けを取らない導きができるよう

日々精進、そして進化・成長すること、

ご満足いただけるカウンセリングを

ご提供することをここにお約束します。

まずはセルフ・カウンセリング!怒りは愛の入り口のサイン!?

いきなりカウンセリングに行くのは

抵抗があるという方は、

セルフ・カウンセリング

まずはやってみると良いですよ。

 

これだけでも十分な効果があります。

 

セルフ・カウンセリングによって

あるがままに自分の気持ちに寄り添うことで、

サポートしてくれる協力者が必ず現れます。

 

ということで、

セルフ・カウンセリングのやり方を

お伝えしていきますね。

 

ポイントとなるのは・・・

怒りの感情

です。

あなたが頻繁に怒りを感じることには、

無意識の防衛反応が起こっています。

 

幼少期の境遇が関係していて、

その時に思い込んだことが影響して、

あなたを守ろうとする働きが

自然と起こるようになったんですよね。

人によっては、怒りまでは覚えず、

否定する感情やモヤモヤする感覚だったりします。

気持ち悪いと感じたりすることもあります。

 

怒りの感情やモヤモヤする感覚は、

あなたを本物の愛へと導くサインです。

怒りの感情や不快感が起こるのは、

いつどこで誰と一緒の時だったのか?

心当たりがあるシーンを思い出し、

ズラーッと紙に書き出してみましょう。

 

ルッシー
てか、真面目な内容すぎて、

入れねーじゃねーか!

ルッシーもさすがに空気読んだね。笑

 

と、長くなってきたので続きは次回に。

See You!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です