インナーチャイルドと向き合う!心の揺れ動きは順調な証拠!?

今年も早いもので5月に入って、

ゴールデンウィークが始まりましたね。

ルッシー
ブログを数日サボったくせに

何事もなかったかのように

悠長に言ってんじゃねーしっ!

あ、バレた?

うん、3日空いちゃったなぁ。笑

 

ここ数日気持ちのアップダウンが続き、

少しずつ落ち着いて安定してきました。

 

インナーチャイルドと向き合うことで、

自分の持つ自動反応の習慣パターンが

どんどんと明確になってきます。

それと同時に好転反応も

出るんですよね。

 

変わりたい気持ちと同時に

変わりたくない気持ちも起こって。

心が揺れ動くわけです。

 

今まで気付かなかった自分の気持ちを

見て知ることで、過去の傷付いた感情が

蘇ります。

そして、恐れから目を背けたくなる。

ここでも防衛反応が起こるわけで。

 

インナーチャイルドと向き合い始めてから、

僕自身まさにこの状況になりました。

ルッシー
ブログをサボった理由を

正当化するの上手いなっ!

痛いツッコミやめれ!

図星すぎるからーw

 

揺り戻しが起こるのは、

それだけ順調にインチャが

解放されてる証拠なんですよね。

 

というわけで、前回の続きです。

インナーチャイルドを救うには?幼少期の境遇をアウトプット!

2018.04.29

 

幼少期の頃の境遇を紙に書き出して、

自分がどんな習慣を付けたのか

見て行ったところ、

自分の人生で繰り返し起こったことは、

すべてこの頃に付けた習慣が

原因となっていることを知りました。

 

そして・・・

さらにここから書き出しを行なって、

深堀りしていきました。

父親への憤りの気持ちからの習慣が今も続いていた!?

父親を心から尊敬していました。

とてもカッコ良くて、

僕に会社を継がせたいという期待に

応えたいと思っていましたが、

どうして良いか分かりませんでした。

父親は自分の何を見て期待してるのか

まったく理解できなかったんですよね。

 

父親に何かを伝えたり質問したりしても

「果たして、それはどうだろうな。」

「ハッハッハ。こういう考え方もあるぞ。」

と僕の意見はあまり肯定されず、

明確な答えも返ってきません。

 

なので、自分なりに答えを考え続けて、

父親の期待に応えようとしていました。

父親に褒めて欲しかったので、

学級委員や児童会など、積極的に

リーダーのポジションを目指しました。

 

そんな中で父親に失望する出来事が

起こります。

会社の景気が悪くなったことから、

カッコ良かった父親が子どもの前で

弱気な姿を見せるようになったのです。

 

17歳の頃でしたね。

またちょうど気難しい年の頃になぁ。笑

 

とてつもなくショックでした。

自分なりに期待に応えようと考え、

追いかけていた父親の背中が

見えなくなってしまったのです。

 

ただでさえ、答えが分からないのに

答えを持っていると信じていた父親が

肩を落として悩んでる姿を見たことで

僕はどこに答えを探しに行けば良いか

分からなくなってしまったんですよね。

 

そして、僕に期待した父親に怒りを持ちました。

期待した以上は、最後まで責任を取れ!

と。

僕にちゃんと答えを教えてくれ!

と。

 

この憤りの気持ちが僕の人生に

大きな影響を与え続けることになった

自動反応パターンの習慣となったんです。

ルッシー
クッ…内容的に入りにくいなっ!

無理して入らなくて良いよw

父親に求めたことを外の世界でも求め続けて失望!そして・・・

父親に聞きたかった答えは

一体どこにあるのか?

外の世界に求めるようになりました。

 

職場の上司やリーダーなど、

僕より立場が上の人には

下に明確な答えを示して育てる力を

ずっと求め続けたんですよね。

 

でも、尊敬できる人を見つけたとしても

誰も僕の期待すべてには応えてくれず、

裏切られた気持ちになり、

父親に失望して怒りを抱いたように

外の人にも同じことを繰り返しました。

 

これぞ答えという正解を探し続けました。

 

これがスピリチュアルな探究を始めた

動機にも繋がっていたんですよね。

 

そして、自分が誰かから期待されると

明確な答えが分からない恐れから、

責任を回避して逃げる

習慣にも繋がって行ったのです。

 

ね、何だか名探偵の謎解きみたいで、

めっちゃ面白くないですか?

ルッシー
面白れーっ!!!

 

ということで、続きは次回に。

See You!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です