引き寄せの法則で恋愛が上手く行かない!決断と行動が重要!?

さて、今回のテーマも恋愛関連です。

ズバリ!

引き寄せの法則で恋愛が上手く行かないという人は、ぶっちゃけハチャメチャに多いんじゃないですかね?僕が知っているかぎり、引き寄せ学んで恋愛上手く行ってる人は超少ないですし。

ルッシー
ぶっちゃけー!だな。クックック…

・・・う、うん。

えっと…「GOOD LUCK!!」のキムタク?

ってか、今の合いの手、別に必要なくない?

超古すぎるのに無理くり入って来るよなぁ。笑

本題に戻しますが、スピリチュアルも同じです。

ソウルメイトとかツインソウルとか、今この記事を書きながらツインレイって言葉を聞いたことがあったので検索してみましたが…魂の片割れがひとつに統合された最終形態とありました。

いろんな言葉が存在していますが、引き寄せやスピリチュアルの知識を学んだとしても…実際に自分を動かさなくては何も変わらないわけで。

むしろ、恋愛が上手く行く人ほどこういう言葉はあんまり使いません。多少使ったとしてもスピリチュアル恋愛用語は二の次です。

この理由は、決断と行動にあります。

具体的に言えば、過去の自分を断って、新しい自分として本音から生きることを決めて…その決断に沿った行動を取って習慣を変えて行く必要があるということですね。

自分を受け入れてくれる素敵な異性のソウルメイトがいつか現れる…という願いを持っているだけでは、今までと何も変わらず…そのいつかは来ないということです。

そういった方々に愛を持って一言だけ喝を入れて良いのなら、この言葉を捧げます。

ルッシー
目を覚ませやーっ!!!…だろ?

ナイス!ルッシー。

こういう合いの手を待ってました!笑

ラブワンして本音の恋愛をする許可を出そう!セルフラブが超大切!?

目を覚ますというのは、言いかえるなら「ハートを開いて本当の自分とひとつになる」こと。

本当の自分に目覚めることで愛とひとつになって、ラブワンから本音で生きるようになれば…あなたの人生は、自然となりたい自分への決断と行動を起こせる流れになってきます。

すべての自分を愛する…セルフラブが超重要なんですよね。

ラブワンしたら愛から生きるようになるので、相手からの愛を求めるために恋愛するわけではなくなります。自分と一緒に愛を与え合って、育んで深められるフラットなパートナーの存在を求めるようになるんですよね。この二つはまったく違います。

今、この記事を書きながら…ふとメッセージが降りて来ました。

メッセージは、これです。

セルフラブによってすべての自分を愛するようになることであなたの魂の半分が目覚めて、もう半分の魂を目覚めさせてくれるパートナーが現れると。これがツインソウルの意味なんですって。

ってことは、やっぱりまずはセルフラブからのラブワンは必要不可欠っすね!

あ、これはチャネリングではなく、チャラリング(本当かどうか定かじゃない適当でチャラ~いチャネリングなので、信じる信じないはあなた次第w)ですが…何か問題でも?笑

引き寄せの法則やスピリチュアルを学んでいた人たちが、今はそういったことよりも自己受容に注目して取り組み始める流れになって来てますし…時代は本当に素晴らしい変化を遂げますね。

考えるより感じろ!感情を自由に感じることがラブワンへと導く!?

ただし、自己受容に長い時間を掛けていたら、人生はあっという間に過ぎ去って行ってしまいますから…ここはスピーディーにラブワンしちゃいたいところですよね。

セルフラブは、すごく簡単ですよ。

あなたの中に抑圧された感情をぜーんぶ感じちゃえば良いんです。

逆に言えば、抑圧された感情のエネルギーが滞って詰まっていたら、いつまでたっても今ここにある絶対的な愛(本当の自分)を感じることはできません。

具体的なやり方はこのブログですべて公開していますし、自分一人で取り組んでいてもよく分からない…と心配な方は、ぜひ僕の講座にお越しください。

たった一日で本当の自分とひとつになれて、あなたの中の愛の爆弾が起動して抑圧感情を愛のパワーで木端微塵にしてくれるようになることをお約束します♪

特に来月16日は、恋愛パートナーシップVer.ラブワン講座ですし…ね。

ルッシー
クックック…

クックック…

って、もちろん宣伝だよっ!良いでしょ!w

よっしー
めちゃ良い講座やってると自負してるんで、本物セルフラブ&本音の恋愛パートナーシップを求めてる人のもとにちゃ~んとお届けしたいんですよね!

これが俺の本音っす。

恋愛パートナーシップ Ver.ラブワン講座《愛魂-aikon-》開催!

2017.11.07

ということで、また次回にお会いしましょう♪

See You!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です