世界はひとつ…すべては愛という真理へ繋がっている道!

前回に続き、今回も「世界はひとつ」がテーマ。

今から約3年前・・・

さとうみつろうさんの講演会のステージに上げていただき、もう一度舞台に立って僕も表現して行こう!と決意するも…過去の失敗の体験から強い恐怖心に駆られて活動がスタートできない。

この頃は、元お笑い芸人という経験を生かして、引き寄せの法則と笑いを融合して発信して行こうと考えてたわけですが…引き寄せの法則が完全にマスターできてないのにこの状態でまだ発信なんてできない・・・と、ここからどっぷりとスピリチュアル探究にのめり込んだわけです。

みつろうさんの講演会は、引き寄せの法則よりも悟りについての内容がメインだったこともあり、神さまとのおしゃべりを読んで…引き寄せ以上に悟りに対して強く興味を持ちました。

なぜなら、悟りの教えでは、「すべては決まっている。」と断言しているからだったんです。

え、引き寄せの法則は自由に未来は選べるってことじゃないの?

バシャールのパラレルワールドってなに?自分で選べるって書いてあったのに…。

真逆じゃん!

どっちだよ!どっちが正しいんだよ!?

これちゃんとわかんなきゃ発信できねーしっ!!!

…と、超パニックになったわけです。笑

で、この時の僕にとっては、「すべて決まっている。」というメッセージが強烈に入ってきたんですよね。過去の失敗なども起こるべくして起こったなら救われる…そう思ったからなんです。

そして、引き寄せの法則はないぜよ!と一気に否定する気持ちになりました。

ステージに立つどころじゃなくなって…探究ジプシーへ。笑

引き寄せと悟りは表裏一体!どちらも同じことを指し示している!?

本当に分かりませんでした。

でも、当時に引き寄せ引き寄せとはしゃいでる周りの人たちを見ると…人と争って蹴落として、イヤなことは他人に押し付けて…自分だけ幸せになれば良い!そんな風に見える人だらけでした。

僕は、今までの人生をまさにそうやって生きてきました。

役者を目指してた頃は、オーディションで他の奴らは全員落ちろ!と心底思ってましたし、お笑い芸人時代も舞台袖で他の芸人のネタは全部スベれ!クソが!!とマジで思ってました。

せっかく好きなことを見つけて志したのに…すごく苦しかった・・・。

だから、引き寄せの法則がめっちゃイヤになったんですよね。

それに比べて、悟りの教えはとても素晴らしく感じて…慈悲、慈愛というすべてを慈しんで包み込む愛の心を持つ、ハートを開くという表現に惹かれていきました。

もう誰かと戦いたくない…傷付きたくない…という僕に「すべてが愛」「すべてがひとつ」「ハートを開く」というフレーズが大ヒットしたんです。

が・・・!

実は、引き寄せも悟りもまったく同じことを言っていたんですよね。

すべて決まっている。

未来は選べる。

真逆で矛盾しているこの二つの表現の真ん中に真理が隠されていました。

二つで一つ…表裏一体だったんです。

そのことが知識ではなく、深く深く腑に落ちたのは…今年に入ってからでした。笑

真理は思考には絶対に掴めない!何も考えてないときが真理!?

考えても絶対に辿り着けないところ。

そこに「引き寄せの法則と悟りが伝えたい真理」があります。

考えていないときは、過去も未来も…そして今すらも消えます。

もっと言えば、自分も他人も世界も…すべてが消えています。

もちろん、引き寄せの法則も悟りも消えます。

だって、何にも考えてない状態ですからね。あれはこれで、これがあれで…とか、そういった思考がまったくゼロの状態は、ただ存在しているだけです。

ただ存在している・・・

ただ在る・・・

この時が悟っているとき、幸せを引き寄せているとき、愛そのものとなっている状態。

それは、感じることしかできません。

引き寄せの法則と悟り…この二つの教えは、言葉をツールとして人を真理へと導くためのアイデアを真逆から伝えているに過ぎないんですよね。

他のことも全部そうです。

心理学、脳科学、潜在意識、量子物理学、カタカムナ、アセンション、ノンデュアリティなどなど…色々ありますが、すべては愛という真理に導くためのツールです。

こういったことだけじゃなく、一人ひとりの人生の道は…この絶対的な真理へと繋がる道です。だから、その時にやりたいことを全力でやるのが一番良い。

休みたいなら、サボりたいなら、怠けたいなら、逃げたいなら、頑張りたいなら、戦いたいなら…今、自分が感じていることに正直になって、とことん素直にやってみるのが一番です。

無駄は一つもありません。

すべては愛という真理へ繋がっている道だから。

だからね、僕も逃げまくって…探究しまくって良かったです。笑

本当にすべては愛という…今という真理へと繋がっていますからね。

と、長くなってしまったので、また続きは次回に♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です