ぜんぶ手放しちゃえ!今を生きると引き寄せが起こる!?

さて、今回は身近で使える手放しセルフワークを書いていこうと思っていたんですが・・・

その前に一つ大事なポイントがあるので、それについてお伝えしていきます。それは、「何のために手放しをするのか?」いうところを知っておく必要があるということ。

これがないと手放しワークを次々に追いかける手放しワーク難民、手放しワークジプシーになっちゃいます。いろんなダイエット法を試したけど、ずっと痩せれない…というのと同じ感じ。

ということで、まずは手放しワークを行なう目的を把握しておくことが大切。

その答えは、「手放しは今を生きるため」に行なうんですよね。

引き寄せの法則への期待すら手放せば引き寄せが起こる!

ぜんぶを手放したら、残るのは「今」です。目の前にある現実です。

あ、別にめんどくさい説法や説教を話すつもりはないですから、ご安心して聞いてくださいね。

すごく良い話です。メリットだらけですから。…って自分で言うなよ!ですよね。笑

「今、目の前にある現実をシンプルに生きるようになる。」ことで一体何が起こるのか?といえば、「引き寄せの法則」が自然と働くようになります。

だけど、そのためにはぜんぶを手放してる必要がありますから、「引き寄せの法則を使って幸せになりたい!」という期待すらも手放しているわけで。

ここなんですよね。引き寄せや自己啓発やスピリチュアルを深く学んでも楽にならないと感じる人たちの最後の砦は。

「引き寄せの法則」「悟り」「スピリチュアル」さえもぜーんぶ手放すこと。

勉強してきた人の手放しのラスボスは、まさにこれです。

もうお手上げ!降参!!…となると手放しが起こる!?

引き寄せを使って幸せになりたい!から、そのために手放そう手放そうとしているときって、手放そうっていうことへの執着が生まれちゃってます。

これだと今を生きられていないんですよね。

で、逆に手放そうってことすらも手放すと手放しが起きる。

こんなこと言われたら、

あー、もうお手上げですっ!降参ですっ!!

って、なりませんか?笑

そうなんです。こうなると文字通り「お手上げ=手放し」が起こります。

ね、頭で考えると矛盾していて訳わかんなくならないですか?でも、それも無駄じゃないんですよ。考えるだけ考えたら、もういいや!ってなってお手上げしますから、手放しますから。

そして・・・

何もしなくなる。放っておくようになる。

シンプルに今を生きるようになります。目の前の現実をただ生きるようになる。

引き寄せが起こるのは今に集中&リラックスしてるとき!

リラックスして手放すことが大事って話をしてきましたが、ただ目の前の今を生きているときっていうのは、リラックスと同時に集中している状態なんですよね。

リラックスだけなら眠ってるときが一番です。でも、それだともちろん現実は変わりません。笑

だから、自分が真剣になれる好きなことをただやると良いんですよ。

本気でやろうって覚悟を決めて、日々積み重ねて行けるほど魂を込めてやれることに打ち込んでいたら…それはもう今を生きているし、引き寄せの法則が発動しまくりになります。

今を生きているときって、今すらもないんですよね。そんなの考えてない。

無我夢中でシンプルに目の前のことに取り組んでいるわけだから。

深呼吸しているとき、笑っているとき、感謝しているとき・・・

そういったときも今に集中&リラックスしているときですね。

  • こんなことしても上手く行かないんじゃないか?
  • もっと美味しい話があるんじゃないのか?
  • 失敗するのが怖い・・・逃げ出したい・・・
  • 生活できるのかな・・・お金が心配・・・
  • どうしたらいいんだろう・・・

と、感じたりもしますよね。でね、こういうことを考えたり、感じたりするようなら、好きなだけ考えて好きなだけ感じちゃいましょう。

制限を付けないというのが、手放しの大きなポイントなので。

だって、リミットやブレーキやブロックを外すなんていう名前がついた手放しワークが世の中にはたくさんあるのに…制限付きっておかしいじゃないですか?本末転倒じゃないですか?笑

と、今日は手放しを行なう目的と心構え的な話だけになっちゃいましたが、ここは本当に大事なんで先にお伝えしておきました。

次回からは、僕が実際に今まで行なった手放しワークについて、その時に起こった僕の引き寄せ体験談も交えながらご紹介していきます。

何だかよく分からないけど、めちゃワクワクしてきました。

ということで、また次回に♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です