高次元調律の好転反応はギフト!手放しチャンスを逃すな!?

∞高次元調律インテグレーションマスター∞

・・・なんて肩書は、ぶっちゃけどうでもいい!笑

よっしーです。

高次元調律は僕にとって自分を表現するツールでしかなく、そこに縛られたら活動の足かせになっちゃいますからね。ツールは自分が伝えたいことのアイテムでしかない。

俺、吉川貴比呂をロックしていくぜっ!

さて、前置きはこれくらいにして本題へ。

おかげさまで昨日、高次元調律モニター述べ200人ジャスト達成となりました。

この約1ヶ月半の間で、これだけの人数の遠隔施術をさせていただき、率直なご感想をたくさん頂戴してるんですが・・・施術後にいろんな形で好転反応が起こります。

この好転反応への対処によって、高次元調律の施術による恩恵がちゃんと受け取れるかどうか決まると言っても過言じゃないです。で、いただいたご感想を見ながら皆さんどうされてるのかな?って気になったので、今日は好転反応の対処法についてお伝えしようかと。

まず、超重要なポイントを言うなら、「高次元調律の好転反応は、マジ至高のギフトだぜっ!」ってこと。

みなさんオッケーですか?

表に出てきた必要ないエネルギーは我慢せずに手放そう!

高次元調律は、命の力にアプローチする施術です。

命は、魂って言い方にしても良いですね。

で、あなたの命は、今のあなたにとって必要なものと邪魔してるものとぜーんぶ知ってるんです。

だから、施術前後にモヤモヤとかイライラとか怒りとか不安とかっていう気持ちが表に出てきたら、まさに手放す大チャンスなんですよね。

施術を受けたその時そのタイミングにベストの結果をもたらせてくれますし、命の力はあなたを苦しめようとして好転反応を起こしたりなんてしません。むしろ、気付いて欲しがっているんです。

「もう、コレいらなくね?」って。笑

だから、表に出てきた感情に気付いたら、ただ感じきってあげてください。そうすることで手放しが起こります。便意と同じようなものですから、我慢したら身体に毒ですわよ。

身体の痛みや症状も同じです。身体に溜め込んでいた要らないエネルギーを外に出すためのステップとして、痛みや症状が一時的に出ているだけなので…すぐに薬を飲んだり病院に行ったりせず、少し様子を見てあげるのが一番良いです。

ただし、高次元調律は、施術の結果として身体の痛みや症状が改善することも多くありますが…医療目的で行なっているものではありません。施術後の好転反応が心配な場合には、お医者さんに相談するなどして対処ください。

手放したスペースには好きなことに使えるエネルギーが入って来る!

いらないエネルギーを手放した分だけ、空きのスペースができます。

そして、空いたスペースには、自分の好ましいことに使えるエネルギーが。まさに生命エネルギーが好循環するサイクルへ。

しかし、ここで大きな注意点があります!

新しく入ってきたエネルギーの使い道が前と一緒だったら、なぁーんも変わらないですよってこと。同じことを繰り返してたら、施術した意味ねぇーーー!!ってなっちゃいます。

でもね、ここで知っておいて欲しい要チェックなことがあるんですよ。

それは、ホメオスタシスという人間の生命維持のための恒常性機能です。急な変化は命の危険に繋がることにもなりかねないので、この機能が働いて元の状態に戻そうとするんですよね。

人の行動が習慣化するのに少し時間が掛かるのは、この機能が正常に働いてる証拠。

なので、3歩進んで2歩下がるような状況が多少の間は続きます。

だから、ここで焦る必要はまったくないんですよね。施術を何度か受けながらエネルギーの好循環を安定させつつ、経過を見て行くようにしましょう。

で、この期間はね、不思議と試されるような出来事が起こるんです。

使わなくて良いところに使っていたエネルギーをまた同じようなことに使ってしまいたくなるようなことが、次から次へと起こったりするんですよね。

こういった時のベストの対処法は、

「見守りながら、流れるままに放っておく」です。

ただし、ホメオスタシスの影響から揺り戻しがあるので、同じようなことを何度か繰り返したりもしますが、段々と自分のことを客観的に冷静に見ながら、放っておくができるようになりますよ。なので、それすらも気にしない気にしない。笑

お釈迦様が伝えた諸行無常(この世の中のあらゆるものは変化、生滅してとどまらないこと)をぜひ体感なさってみてください。

ってな感じで・・・

今後はこのブログで、高次元調律の施術を受けずとも活用できる手放しテクニックをご紹介していきます。

またね~♪

《6月限定》【高次元調律モニター募集中】
▼高次元調律とは?▼
  
▼通常版モニターご参加はこちら▼
 
▼恋愛バージョンのご参加はこちら▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です