パラレルワールドを選ぶには?リア・スピの世界へようこそ!

今日のテーマは、「パラレルワールドを選ぶ方法」です。

あれ?昨日の情報の取捨選択力の話の続きは?

…と思われた方、ご安心ください。

実は、《情報の取捨選択力=パラレルワールドを選ぶ方法》なのです。

あ、その前にパラレルワールドって何?という方もいらっしゃると思うので、簡単にだけ説明させていただきます。

パラレルワールドというのは、宇宙は一つではなく無限に存在していて…自分という存在も宇宙の数と同じく無限に存在していて、スピリチュアルを極めると色んな宇宙へ…自分へワープできるようになるというもの。ね、もうこの時点で付いて来れなくなるでしょ?笑

例えば、イチローのようにメジャーリーガーとして活躍している吉川がいる宇宙もあれば、孫正義のように社会的に大成功を収める吉川も今この瞬間に同時に他の宇宙に存在している。お笑い芸人として、めちゃめちゃ売れた吉川も存在しているのでしょう。

パラレルとは「並行する」という意味。

まさに並行していくつもの世界が…ストーリーが存在しているという説。

それがパラレルワールドですね。

量子物理学の世界でもこの研究が進んでいます。

僕がスピリチュアルの探究にどっぷりハマってしまった大きな理由の一つは、このパラレルワールドというのをずっと理解できなかったから…理解したかったからなんですよね。

じゃあ、今は分かったのか?と聞かれたら・・・いやー、分かりません。笑

けど、ぶっちゃけどうでも良くなったんですよね。

パラレルワールドが存在しようがしまいが、そんなことは人が人生を幸せから生きること、愛から生きることには必要ないっていう結論に達したので。

で、他の人や文献などパラレルワールドへの解釈は色々ありますが、僕なりにパラレルワールドとは何か?というところが明確になって深く腑に落ちたんですよ。

それが実は、情報の取捨選択力を得ること。「どの情報を取捨選択して、今どういった人生の道を選ぶかを自分で自由に決めらること」というところと繋がったというわけです。

まさにスピリチュアルと現実的なことが見事に繋がりました。

スピリチュアルと現実世界を一つへ統合・・・「リア・スピ」です。

今後このリア・スピという新たなジャンルと時代を築いて、僕がリア・スピの発信源=ソースになります。同じ志の仲間がたくさん集まって来ると確信してます。

パラレルワールドを手放すとパラレルワールドを選べるように!?

現実と融合してパラレルワールドの理論を活かすなら、今の自分を否定してどこか違う次元にある宇宙に存在する別の自分へワープすることを諦めれば良いです。

それは、今を否定して生きづらくしてしまう執着になるから。

でね、諦めちゃったら何が起きるか?といえば、実は今を自由に生きられるようになるんですよ。過去に縛られずに今をフラットで中立な目から見れるようになります。

情報の取捨選択がしっかりできるようになるんですよね。

今を自由に選んで生きられるようになること。それこそがパラレルワールドの理論が私たちに伝えたいメッセージなんですよね。

間違いないっ!(←by 長井秀和・・・古いw)

情報の取捨選択力を養うには?信じて疑うことが必要不可欠!

情報の取捨選択力に必要なのは、まず物事を自分の中にある勝手な善悪の基準でジャッジしないこと。これは昨日の記事に書かせていただいたとおりです。

これを違う言い方で伝えるなら・・・

「すべて素直に信じて、とことん疑うを同時にすること。」

すごく矛盾してるでしょ?

でも、これが大事。だって、人が言っていることはすべて本当だし、逆から見たら全部が嘘なんですよね。本当と嘘は表裏一体。そのどちら側も超越した目と耳を養うんです。

これが物事を思考で判断しない中立的な在り方で、今を自由に選べるようになる方法です。

どの自分を選んでもオッケー。ただし、それが過去のパターンからの反応なのか…それともまったく新しい今を生きる中での選択なのか…自由とは今をフラットな視点から選んで生きられること。

フラットな視点とは愛の視点。

過去は関係ない。未来に過去を投影するのではなく、未来は今を自由に生きて…今を積み重ねて行くことで、そこから開いていく無限の可能性を映し出すフィールドにしていく。

だから、過去はすべて手放しちゃいましょうね。

すべて手放せば、愛の視点を取り戻せます。

せっかくのスピリチュアルな学びを無駄にせず、それを現実と一つに統合して…これからスタンダードになる粋でスタイリッシュな美学《スピリアリズム》で人生を楽しみましょう。

ってな感じで、実践的な手放しワークを今後に伝えしていきます。

では、また次回に~♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です