愛は数式では解けない!愛とはハートで感じるもの!?

愛は数式では解けない。

これはアインシュタインが導き出した「愛の答え…真理」なんじゃないですかね。

頭であれこれ考えて、愛はこういうものだ…こうあるべきだ!と正解を求めるのはナンセンスで、答えは考えても絶対に解けないということを示してくれている。

「神はサイコロを振らない」…と。

この言葉にご興味があれば、ググって検索してみてください。笑

お釈迦様が言ったこともまさにそれで、「答えがないのが答え。真理がないのが真理。」というのはアインシュタインが伝えたかった愛のことなんじゃないかって思います。

で、僕が何をお伝えしたいのかと言うと・・・

自分の考えで決めつけるな!それは全部あなたの勝手な思い込みだから。

…ということなんです。

どうですか?

決めつけ・・・やってません?

僕はやりまくって来ましたよ。今だって気を抜けば、すぐに勝手に過去の経験と紐づけして決めつけ、すぐに結論を出そうとしてしまう。考えても絶対に分かりっこないのに。

アインシュタインやお釈迦様がそのことを伝えてくれてるのに。

いいかげんにしろ!どうもありがとうございましたー。

と、漫才の締めのツッコミして頭の中のおしゃべりは終了しよ~!笑

では、考えても分からないなら、一体どうしたら良いんでしょうね?

目の前で起こってることをただ味わい、ハートで感じればいい。

…と、そんな風に僕は感じています。

決めつけは可能性を奪う!思い込みは宇宙の果てまで続く!?

決めつけは可能性を奪います。

自分の未来、他人の未来・・・そして、世界が素晴らしく変化する可能性を。

  • 私はこうだから、出来ないんじゃないか?
  • あの人はああだから、ダメなんじゃないか?
  • 世界がこうだから、いけないんじゃないか?
  • 地球がそうだから・・・
  • 宇宙がこれだから・・・

と、どんどん決めつけが飛躍して大きくなり、次第には地球規模…さらには宇宙にまで発展して永遠に続いていく。

いやいや、無理っすよー!考えたって。

アインシュタインや釈尊センパイが、この答えに辿り着くための大ヒントを後輩の僕らに託してくれたんですよ。いや、むしろ「これぞ答え!」というそのものを。

考えてもさっぱりわっかんねーって。笑

だからこそ、決めつけや思い込みで未来への可能性を消さず、今ハートで感じることをダイレクトに味わって伝え合い、そして未来の発展への可能性を一緒に見て歩んで行けば良い。

これぞ、真のコミュニケーション。

愛のコミュニケーションでは?

愛のコミュニケーションとは?ハートで感じることを伝え合う喜びを!

素直にその時に感じること。

そこに正解、不正解はありません。

良いも悪いもないです。

だけど、頭で考えてしまうと・・・「こんなこと伝えちゃって良いのかな?私が感じてることは間違ってるかもしれないし、やっぱり言わないでおこう。」…と、遠慮してしまって、自分に嘘をついてうやむやにしてしまう。

そして、うやむやにした気持ちは・・・自分の中に溜め込んでしまいます。

はい、それは誰かと言えば・・・もちろん僕です。笑

最近、ずっとモヤモヤしていたんですよね。

過去に人に決めつけで言いすぎて、お互いたくさん傷つけ合った・・・という記憶が僕を躊躇わせて、今を生きづらくしていたんです。特にお笑いコンビの相方に対してw

だから、これからは溜め込まずに伝えていきますよー。

覚悟してくださいね!(←誰に言ってるのかしら?w)

まずはお互いに心を開いて、腹を割って、そして未来への可能性を伝え合いながら、一緒に学んで、励んで、共に成長していく・・・これがきっと本物のコミュニケーション。

人生は一期一会!目の前の人とのコミュニケーションを楽しもう♪

俺、コミュニケーション大好きなんですよね。人と話すことが好き。

結論の見えない話だって良いじゃないですか?

どうしてそんなに結論ばかり急ぐんですか?

ただ、楽しみましょうよ!僕との会話を。目の前の人とのコミュニケーションを。

ハートこそが愛そのもの。

ハートで感じることをただ伝え合う…今を大切にして、このかけがえない今を一緒に過ごしましょう。そうすれば、きっといろんなことに自然と気付けますから。

人生は、「一期一会」ですよ。

誰とだって、いつか必ず別れが来るんですから。

後悔しないように。ただ、本音を素直に伝えよう。

ということで、今日僕と会う方は、僕が口だけじゃなく、感じてることをちゃんと素直に伝えられているか…チェックのほどよろしくお願いしますw

ってな感じで、またね~♪

あ、最後にアインシュタインが娘のリーゼルへ送った手紙の内容をシェアします。

~アインシュタインが娘へ送った手紙~

私が相対性理論を提案したとき、ごく少数の者しか私を理解しなかったが、私が人類に伝えるために今明かそうとしているものも、世界中の誤解と偏見にぶつかるだろう。

必要に応じて何年でも何十年でも、私が以下に説明することを社会が受け容れられるほど進歩するまで、お前にこの手紙を守ってもらいたい。

現段階では科学がその正式な説明を発見していないある極めて強力な力がある。

それは他のすべてを含みかつ支配する力であり、宇宙で作用しているどんな現象の背後にも存在し、しかも私たちによってまだ特定されていない。

その宇宙的な力は愛だ。

科学者が宇宙の統一理論を予期したとき、彼らはこの最も強力なまだ見ぬ力を忘れてしまった。

愛は光だ。それは愛を与えかつ受け取る者を啓発する。

愛は引力だ。なぜならある人々が別の人々に惹きつけられるようにするからだ。

愛は力だ。なぜならそれは私たちが持つ最善のものを増殖させ、人類が盲目の身勝手さのなかで絶滅するのを許さないからだ。

愛は展開し、開示する。

愛のために私たちは生き、また死ぬ。

愛は神であり、神は愛だ。

この力はあらゆるものを説明し、生命に意味を与える。

これこそが私たちがあまりにも長く無視してきた変数だ。

それは恐らく、愛こそが人間が意志で駆動することを学んでいない宇宙の中の唯一のエネルギーであるため、私たちが愛を恐れているからだろう。

愛に視認性を与えるため、私は自分の最も有名な方程式で単純な代用品を作った。

「E = mc2(二乗)」の代わりに、私たちは次のことを承認する。

世界を癒すエネルギーは、光速の2乗で増殖する愛によって獲得することができ、愛には限界がないため、愛こそが存在する最大の力であるという結論に至った。

私たちを裏切る結果に終わった宇宙の他の諸力の利用と制御に人類が失敗した今、私たちが他の種類のエネルギーで自分たちを養うのは性急である。

もし私たちが自分たちの種の存続を望むなら、もし私たちが生命の意味を発見するつもりなら、もし私たちがこの世界とそこに居住するすべての知覚存在を救いたいのなら、愛こそが唯一のその答えだ。

恐らく私たちにはまだ、この惑星を荒廃させる憎しみと身勝手さと貪欲を完全に破壊できる強力な装置、愛の爆弾を作る準備はできていない。

しかし、それぞれの個人は自分のなかに小さな、しかし強力な愛の発電機をもっており、そのエネルギーは解放されるのを待っている。

私たちがこの宇宙的エネルギーを与えかつ受け取ることを学ぶとき、愛しいリーゼル、私たちは愛がすべてに打ち勝ち、愛には何もかもすべてを超越する能力があることを確信しているだろう。

なぜなら愛こそが生命の神髄だからだ。

私は自分のハートの中にあるものを表現できなかったことを深く悔やんでおり、それが私の全人生を静かに打ちのめしてきた。

恐らく謝罪するには遅すぎるが、時間は相対的なのだから、私がお前を愛しており、お前のお陰で私が究極の答えに到達したことを、お前に告げる必要があるのだ。

お前の父親

アルベルト・アインシュタイン

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です