手放すことが何より大事!手放すにはどうしたらいい?

よっしーです。

昨日はアメリカで子どもたちのピアノの先生をしてるお姉ちゃんが今帰国していて、2年半ぶりに再会しました。

で、たまたま話された内容が、最近感じてることそのもので驚いたんですよね。

それは「手放すことが何よりも大事」ということ。

姉が生徒さんにピアノを教える中で、上達する子としない子の違いについて聞かせてもらったんですけどね。

上達する子は教えたことを疑わずにすぐ取り組んでくれるから、日々の積み重ねでどんどん伸びてくんですって。で、上達しない子は、教えたことをやらない。今までの自分のやり方を変えようとしないんだそうです。

要するに過去の自分を手放すことをしないってこと。

上達しない子に話を聞くと「そのやり方では上達は難しいでしょ!」というようなことを決まってやってるんだそうで、「やり方を変えるだけで上手く行くよ」ということを伝えても…なかなか取り入れようとしない。

どうしてなんでしょうね?

姉に聞いてみたら、見事なアンサーをもらえました。

信じないと手放せない!?まずは信じることが大事!

今までのやり方を手放せない理由。

それは、「信じない」から。

言われたことをやれば、自分はピアノが上手くなるって信じることができない。過去に上手く行かなかった経験のせいか、また失敗するんじゃないかという不安から…信じるのが怖い。

で、姉はそれを生徒が言ったことを信じてやってくれないから…と相手のせいにせず、まず自分から心をどんどん開いて本音でコミュニケーションして不安や恐れを拭うんですって。

そうすると信頼関係が生まれて、生徒が信じてくれるようになる。この先生は本気で言ってくれてるんだと心を開いて、「私、信じてみよう。やってみよう!」となるんですよね。

上手く行かないやり方を手放して、上手く行くやり方を取り入れて練習するようになって…あとは、それを続けることでピアノがどんどん上達する好循環へ。

うーん、あっぱれ!

これってあたりまえの話のようですが…大人になった僕らにこそ大切なことなんじゃないかって感じます。なかなか信じられなくなってますからね。笑

心を開くことで自分の可能性を信じられるようになる!

人間力が大事だなーと姉に感化されましたが、これって生徒さんが先生を通じて…自分自身の可能性を信じるようになっているんだって思うんですよ。

 

自分自身に閉じていた心を開くようになったんですよね。

ってことで、次回は高次元調律的なことも取り入れて、手放しについて書いていきます。

ってな感じで、またね~♪

《6月限定》高次元調律モニター実施中!

▼高次元調律とは?▼
  
▼通常版モニターご参加はこちら▼
 
▼恋愛バージョンのご参加はこちら▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です