怒りと恐怖を受け入れて本音へ!自分の弱さを認める強さとは?

昨日は、初の恋愛パートナー講座でした。

な、なんと!?

僕の手違いで会場をおさえる時間帯を間違えていて、夕方から我が家に移動していただいて本当に申し訳なかったんですが…夜には妻の手料理をみんなで食べれて、とても楽しい時間でした。

ルッシー
間違えてんじゃねーしっ!

ホントすいませーん!

参加者お二人ということもあり、セッションに近い濃い時間に。

写真は、毎度お決まりの本当の自分とひとつになる覚悟を決めて、赤い錠剤を選んでいただくという映画マトリックスのシーンの再現です。

お二人の過去から最近の心境の変化を伺ったところ、僕や妻の心境の変化とまったく一緒で、今回の講座のテーマが明確に浮かび上がってきました。

それは・・・

怒りと恐怖を受け入れて本音になる。

です。

お二人ともすでに素晴らしく本音を表現して生き出していて、自分が持っている恐怖の存在にしっかりと気付いていました。

怒りの奥には恐怖が隠されていて、本音で生きることを恐れさせます。この恐怖を弱さとして隠さず、受け入れてしまうことが強さへと繋がるんですよね。

自分の中にある恐怖を認めてちゃんと見ることが勇気であって、自分の弱いところを人に伝えれることが本当の強さだということをお二人から教えていただきました。

ルッシー
オマエが教わってんじゃねーしっ!

いやー、人に教えることは教わることであって、何よりも一番の学びなんだってばー。

参加してくださったお二人に本当に感謝してまっす。

ありがとうございました。

本音のパートナーシップとは降参すること!素直に全部伝えるへ

本音のパートナーシップで、何よりも大切なこと。

それは・・・

降参して素直に全部伝えること

なんですよね。

「こんなこと言ったら嫌われるかな?こんな風に伝えたら好意を持ってくれるかな?」という思考が作り出す幻想の愛の数式を手放し、感じてるすべてをフラットに伝えることこそ本音そのもの。

本音は人に響きますし、癒しと気付きの好影響を循環させます。

だけど、それは結果的な話でしかありません。結果を自分が思うようにコントロールできるわけでもなく…むしろ、結果を手放して降参して、ありのままを伝えることが重要です。

本音を伝えることが怖いことも話してしまう。

本音を伝えたら嫌われるんじゃないかと感じてることも言ってしまう。

今のありのままの自分に降参して、すべてを相手に伝えるのはとても勇気が必要ですが…全部出しの本音コミュニケーションこそが良好な恋愛、パートナーシップ、本物の人間関係を築きます。

ルッシー
カッコ悪い自分出しちゃえよっ!

そうだね。

俺もどんどん出してこうーっと!

丸裸でチンチン踊り!それが吉川貴比呂の原点であるっ!?

僕の原点は、丸裸でチンチン踊りなんですよね。笑

ちょうど一年前くらいの記事で書いてます。

笑いDEキセキ!このブログのタイトルの理由とは?

2016.12.10

※この頃はブログタイトルが「笑いDEキセキ」でした。

過去への執着とか、新しい自分に変わることを阻むプライドとか、そういった必要のない服をすべて脱ぎ去って…丸裸のチンチン踊りの精神で、本音を隠さずに自分らしさを表現できる人生へ。

それが僕のテーマであって、それをカッコつけて言ったのが「世界はひとつ」です。

ルッシー
ぜんぜん違うじゃねーかっ!

確かにっ!笑

思考を超えてハートで繋がり、みんなが笑顔で自分らしさを歌う。

笑顔でチンチン踊りしていた頃の気持ちに帰って、もっともっとカッコ悪さも弱さも表現して生きて行けたらどんなに幸せだろうか…っていうのが、今のありのままの僕の本音です。

自分のカッコ悪さ、怖さを受け入れて…この年末に向けて、心の大掃除っすね!笑

ってな感じで、あなたも自分の中にある弱さを受け入れる強さを持ち、本音を表現して生きることで育める本物のパートナーシップや人間関係を築くハッピーライフをお楽しみください♪

では、今日はここまで。

See You!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です