本音を聴ける耳のトレーニング!2日間の私がいない体験へ

さて、前回の体験談の続きです。

キヨタカさんによりハートを開いて育むことを学びつつ、それと同時に究極の自己観察メソッドと呼ばれる聴力トレーニングのトマティスを受講して聴力トレーニングを行ないました。

人は一人ひとりが生まれついた耳の癖を持っていて、胎児の頃からの色々な影響で聴き取る音の捉え方がまったく違うのです。

要するに聴き取っている周波数が違うわけで。

これによって、同じ音を聞いても解釈が人によってまったく違ってきます。

例えば、ある言葉を人から言われて、自分が攻撃された責められた…という音の周波数を聴き取りやすい耳を持っている人は、警戒心が強くて他人との距離感が遠くなります。

僕の場合は、左耳がとても低い周波数の音を聴き取り過ぎていて、自分の内側の本音よりも外側のネガティブな情報に引っ張られやすいという傾向の耳の癖を持っていました。

トマティスの聴力トレーニングでその点を伝えていただきましたが、僕自身とても自覚がありました。外側のネガティブな音を拾って聴き取り、それがどうしても気になって何とかしようと関わってしまう人生だったので。笑

このトマティスを受講するようになり、自分の本音が分かるうになりました。

さらには、キヨタカさんから教わったハートを育んで大きく広げて行く瞑想を同時に行なっていたせいか…僕は、とても不思議な体験をしたのです。

それは・・・

2日間、僕がいなくなる…という体験でした。

本当の自分の声を聴く!見える世界がどんどん変化へ

不思議体験の話の前にまずはトマティス体験談を。

トマティスの聴力トレーニングは、合計48時間を使って聴力を胎児の状態にまで戻して、耳の癖を本来のクリアな状態にしていきます。

こうすることで、自分の内側の声、外側の音の聴き取り方のバランスが整います。

外側の音と自分の内側の音を聴き分けられるようになり、外側の音に引っ張られて本当の自分の声が聴き取りにくかったのですが…それがどんどん改善されていきました。

聴力がある程度整った時点で、本当の自分の声を知り、それを発声する発声講座を受講したことで、自分の本音を声に出すこともできるようになったのです。

聴力トレーニングは、1日最高3時間までの受講と決まっているので、僕は2016年1月~4月の間センターに通っていました。

ただヘッドホンをしながら、音楽やら語学の発音の音を横になってリラックスしながら聴くだけなのですが…最初の6時間の受講を終えた時点で、すぐに僕に大きな変化が現れました。

自分を愛するメソッド!自分を責めてたことに気付かされて・・・

人の良いところ、自分の良いところに自然と目が行くようになったのです。

聴力トレーニング時にヘッドホンで音を聴きながら、どうして自分はこんなに自分を責めていたんだろう?と感じて、涙がボロボロと溢れ出てくるようなこともたくさんありました。

自分の良いところより、悪いところを指摘して生きてきたことに気付かされました。

自分の本音が分かるようになるのと同時に他人の本音も聴き取れるようになりました。だから、他人が本音で言っていない心ない言葉は、どんどん受け流せるようになったのですよね。

今まで心ない言葉に対して、「どうしてそんな酷いことを俺に言ってくるんだろうか?」と真正面から受け取って傷付き、そしてそれに負けないようにと必死に戦って来た人生でした。

トマティスのおかげで、このようにして見える世界がまったく変わっていったのです。

振り返ってみると…トマティスって超スゴイですね!

トマティスは、自分を愛するメソッドなのです。

いやー、改めて感謝の気持ちが溢れてきました。笑

ありがとうございます。

トマティスの公式ホームページは、こちらになっています。

⇒ トマティス公式HP

と、長くなってきましたので、不思議体験の話は次の機会に♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です