ただ在ること|全部でひとつ…すべて愛という真理へ

今回も前回の続きとなります。

ステージの上で自分らしさを発揮して表現したい。

元お笑い芸人として、笑いと引き寄せを…いや、笑いと悟りを…笑いと真理を融合させて表現したい。そんな風に感じながらも怖くて活動が始められなかった。

そして、スピリチュアル、特に悟りの探究に逃げて、本当の自分は誰なんだろう?人生の目的はなんだろう?何のために生まれて来たのか?その答えを追い求めるようになったんです。

辿り着いた結論は、前回で書いたようにただ在ることでした。

そのままで良かったんですよね。

その瞬間瞬間に感じていることに素直になって、戦ったり、逃げたり、悩んだり、迷ったり、探したり、泣いたり、怒ったり、喜んだり、楽しんだり…。

全部の自分が自分であって、一つなんですよね。

どの自分も否定する必要なんてなかった。

本当の自分探しをする必要なんてなかった。

すべての自分が「愛する」…という一つの目的に向かう愛の表現者でした。

戦うのも愛、逃げるのも愛、傷付いて落ち込むのも愛…激怒したり、号泣したり、大笑いしたり…全部の表現の奥にあるのは、愛そのものということに気付かされました。

すべてが愛だったんです。

誰もが愛に導かれている!人生はすべて愛という真理そのもの

人生の目的を探す必要なんてありませんでした。

全部がすでに叶っていたんです。

ただ在る…ただ生きる。

いつも愛に包まれていて、導かれていて…そこから一歩として出たことはなかったんですよね。人生とは、すべてが愛であるという真理の道そのものでした。

過去を振り返ってみてたら…誰もが、その時その時の最善を尽くしているはずです。

逃げたり、悩んだり、泣いたり、頑張ったり、戦ったり…すべての選択がその時のベストなんですよね。だから、後悔する必要なんてない。

学んで成長して行くためにすべてが必要不可欠なことなんだから。

僕は、過去に色んなことに立ち向かっては疲れ果て…立ち上がれなくなり、いつも燃え尽き症候群になってしばらく再起不能となるような人生を繰り返すことにうんざりしていました。

好きなことにチャレンジして敗れて失い、好きな人との安らかな生活を追い求めても別れが訪れて失う。もうそんな人生は二度とごめんだ…と、前を向けなくなっていたんです。

「愛しても傷付くだけ」…という幻想のストーリーを握りしめて、そこに執着していたんですよね。愛し愛されることから逃れられたことなんて一度もなかったのに…おかしいですよね。笑

人生に無駄はない…愛を一つにして育んで広げよう!

人生に無駄は一つもありません。

ステージに立つことを恐れ、自己探究に逃げてどっぷりハマりましたが…すでに愛を与えられていたことに気付かされました。

愛から目を背けて逃げていたのは、自分だったんですよね。でも、逃げることすらも愛の表現…愛を見つける道に繋がっています。

僕は、「もうダメだ!わからない!!降参!!!」と探究のエネルギーが落ちるまで、諦めがつくまで…自己探究しまくったからこそ気付けたことだと感じています。

だから、今迷っている方は、自分を探している方は、人生を探している方は…あなたの気が済むまでとことん探してみてください。

逃げたって良いんですよ。立ち止まっても良いし、疲れたなら休んで良いんです。

その時に感じることをすれば良いだけ。

ぜーんぶオッケー!…だって、それが愛だから。

そして、目の前にあった愛を見つけたなら…自分の中にある色んな自分は、すべて愛が目的であったことを知り、あなたの中にある愛を一つに繋げて広げて行きましょう。

周りの人も全部が愛です。

あなたから見て絶対に許せないと思う人すら、すべてが愛の表現者なんですよね。

あなたの中にある許せないという気持ちに耳を傾けて、あなたの本音の声をちゃんと聴いて感じてあげたら…それは愛からのメッセージであったことに必ず気付かされることでしょう。

あなたの中にあった許せなかったあなたがすべて許され、ひとつの愛へと繋がっていきます。

他人は、世界は、すべては、それを…愛を教えてくれる存在なんですよね。

さあ、みんなで愛を一つに育んで、一緒に広げて行きませんか?

宇宙はすべて愛であって、世界はいちなる生命の…愛の表現です。

そのことに気付く人がどんどん増えて、世界がひとつに繋がって行ったら、地球は宇宙は…一体どんな風に変化をして行くんでしょうか?想像するだけでワクワクします♪

ということで、今日も長くなってしまったので、また次回に続きを書かせてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です