インナーチャイルドを癒すには?あるがままにただ寄り添うこと

さて、前回の続きです。

テーマは、インナーチャイルドを癒す方法について。

今に抵抗する「私」を諦めて、今を生きることが幸せになる方法ということを書いてきました。

そして、そのためには過去の記憶を癒す必要があるというのが、前回の内容でしたね。

幸せは今ここにある!過去の記憶を癒して幸せな今を生きるへ

2018.04.22

過去の記憶は、身体を構成している細胞の中にあります。

これを心理学的には・・・

インナーチャイルドと呼びます。

幼少期の満たされなかった記憶が傷となり、細胞の中に閉じ込められています。

この細胞の中にある記憶を癒すには、頭のてっぺんからつま先まで身体の隅々を「あるがままに見る。直観する瞑想法」であるヴィパッサナーがとても役立ちます。

その他には心理カウンセリング、催眠療法、前世療法、退行セラピー、そして近代では科学的根拠が裏付けされ出したことからアメリカで最先端のセラピーとして注目されているエネルギー療法があります。

エネルギー療法については、今後のブログでどんなものか解説します。

が、しかーっしっ!

どの方法が上とか下とかってなくって、すべてが・・・

過去の記憶を癒すための素晴らしいツール

なんですよね。

そして・・・

今という幸せの在りかへ導いてくれるものです。

この他にも身体にアプローチするヨーガ、整体、カイロプラクティック、ピラティス、体幹トレーニングなどもそうで、人の過去の記憶を癒して、今という幸せに導いてくれる目的のツールは数えきれないほどあります。

スピリチュアルは特別じゃない!すべてが幸せへのガイドライン!?

実は、スピリチュアルもそうです。

引き寄せの法則、チャネリング、悟り…スピリチュアル分野も色々と中身は分かれますが、すべてが今という幸せの本質へ人々を導くものなんですよね。

最近ブログに書いている量子物理学もそうですし。

今に抵抗する「私」という存在はインナーチャイルドの悲痛の叫びであって、過去の記憶によって形成された思い込みの虚像です。

このインナーチャイルドを癒して解放するには、無条件の愛が必要なんですよね。

無条件の愛とは、過去の記憶によって傷付いたインナーチャイルドをあるがままに受け入れて認めて、ただ寄り添って見守ってくれる絶対的なもの。

それこそが本来の自分であり、生命の本質。

そして・・・

本当の幸せなんですよね。

何もスピリチュアルの教えだけが特別なものではなくて、心理学をはじめとするすべてのツールがそれぞれ素晴らしい幸せへのガイドラインでした。

悟りこそが最強っ!と悟りを追い求めた僕ですが・・・

今朝、そのことが深く腑に落ちました。

ルッシー
今朝かーいっ!!!

イエス!笑

グッドモーニングッ!!w

インナーチャイルドは7歳までの環境が大きく影響する!?

昨日は、週1回の廣澤良さんの体幹トレーニングの日でした。

前回のトレーニングの時もそうだったんですが、最近の廣澤さんは身体からのアプローチのスペシャリストというだけでなく、心理学にも精通されて僕の心理カウンセリングをしてくれるんです。

でね、見事に僕をインナーチャイルドの居場所へ導いてくれました。

いやー、本当にお世話になりまくっていて、もう感謝しかないです。

昨日のカウンセリングでは、僕がどうして完璧を求めてなかなか今までの学びに答えを出そうとしないのか、どうして周りに対抗心を持ってしまうのか、どうして人を信じようとせず自分で背負いこもうとするのかなど、客観的に僕の習慣について伝えてくれました。

そして、僕が無意識に行なっている習慣は、心理学的に幼少期7歳頃までの環境が大きく影響していることを教えてくれたんですよね。

7歳までの環境について考えたら、思い当たる節がたくさん出てきました。

何せこの数年間は自己探求しまくりましたし、以前に幼少期から今までにあった印象深い記憶をズラーッと書き出したこともあったんで。

両親や兄妹との幼い頃の関係性を辿り、その後の僕の人生での行動パターンなど…すべて合致したんです。

まさに僕の無意識の習慣のルーツは・・・

7歳頃までの僕の幼少期にありました。

廣澤さんスゴイ!

そして、この体験から心理学など上に書いたすべてのツールはすべて素晴らしいものであって、それぞれが人を今という幸せに導くものだと深く理解したんですよね。

ルッシー
今朝かーーーいっ!!!

イエス!w

エンジョイライフ♪

ってことで、カウンセリングで気付いたことの詳細は次回に書きます。

See You!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です