「私」を諦めれば幸せになれる!?反応を見抜いて抵抗しない!

さて、今回のテーマは・・・

「私」を諦めれば幸せになれる!?

です。

ルッシー
あれ?

今日は量子仏陀学の話じゃねーのか?

いや、量子物理学ね!

確かにブッダの話もしたけど、量子とブッダをドッキングさせないでー。

今回は量子物理学の話はお休みして、最近の気付き体験談をお伝えします。

ルッシー
興味ねーっ!

量子南無阿弥陀仏学の話しろしーっ!

さらに変わってるじゃねーか!

量子南無阿弥陀仏学ってどんなだよ!?

…と、ルッシーに構ってると話進まなくなるんで、本題に入っちゃいますね。

最近ヴィパッサナー瞑想に取り組むようになったことから、瞑想以外の日常の時間においても自分の内側に集中して意識を向けられるようになっていて。

身体の感覚を観察して、どんな反応が起こっているのかを注意深く見ているわけですが、その甲斐あって不快感が生じる時のパターンが分かってきました。

そのパターンとは・・・

「私」という名の抵抗が生まれたときです。

ルッシー
愛という名のもとに?

全然違うじゃん。

という名…しか合ってないしっ!

てか、雑なボケやめてくんない?

無理くり懐かしのドラマタイトルぶっ込まなくていいよ。

「私」とは単なる思い込みの虚像であって実在しないわけですが、この思い込みが「私」を作り出して目の前で起こっていることに反応し、ジタバタ抵抗するんですよね。

この反応パターンを見抜き、幻想の「私」による自己主張を諦めて、目の前で起こっていることに抵抗せず受け入れてしまえば、人生はとても幸せなものに変化します。

って、ちょっと分かりにくいですよね。

ルッシー
だなっ!

お前は黙ってろって!

あなたを苦しめるのは「私」という抵抗!「私」を手放したら・・・

すべての苦しみの根源は・・・

「私」という抵抗なんですよね。

人は過去の経験から色んな思い込みをして、「私」という幻想の自分を作り出すわけですが…そのことに気付いて「私」を手放したら、抵抗する反応は単なる習慣パターンに成り下がります。

まずは、自分の中にある抵抗の習慣パターンを知ることが大切です。

その上で、良い習慣パターンなら取っておくという判断をすれば良いですが、悪い習慣パターンならシンプルに改めたほうが良いですよね?

ルッシー
だなっ!

良いね、ルッシー。

今の合いの手はバッチリだよ!

ルッシー
上のコピペだけどなっ!

それは言わなくていいっ!

悪い習慣パターンを見抜くには?恐れの感情がレーダーになる!

では、悪い習慣を見抜く方法とは、どんなものなんでしょうね。

回答から言ってしまいますが、それは恐れの感情が起こったときです。

恐れだけではなく、怒りや悲しみなどのマイナス感情すべてが、あなたの中にある悪い習慣を見抜くためのレーダーとなってくれます。

僕の例ですが、僕は周りの人から「もっと〇〇して欲しい。」と期待されるようなことを言われることが多く、そういった言葉を聞くたびにマイナス感情の反応を起こしていました。

「相手の都合の良いことに利用される。」「相手が僕をコントロールしようとしてる。」「相手が僕を否定して変えようとしてる。」と解釈して、はちゃめちゃ抵抗してたんですよ。

で、今まではこの抵抗する反応パターンを「私」と思い込んでいたんで、自分の存在を!生命を守らなきゃ!くらいの勢いで反発していたわけです。

でも、違ったんですよね。

周りの人が言ってくれる言葉は・・・

僕の可能性を開くための愛のメッセージ

だったんですよね。

いやー、驚きますよね!

それなのに抵抗しまくってました。笑

最近、ヴィパッサナーを行なうようになって、今この瞬間の自分の身体の感覚に意識を向けている影響からか…自分の過去の記憶が曖昧になってきちゃってるんです。

ルッシー
記憶喪失じゃね?

ちげーしっ!

あ、でもある意味そうとも言えるかも。

で、過去の思い込みが癒されて、記憶も薄らいで消えて行ってる感じというか。

同時に未来への不安も少なくなっていて・・・。

と、長くなって来たので続きは次回に。

See You!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です