誰もが愛に目覚める時代が来た!血筋も才能も関係ない!?

それでは、前回の記事の続きです。

光と闇はふたつでひとつ!闇の恐怖と戦わずして勝つ!?

2017.12.20

スター・ウォーズ最新作の最後のジェダイは、本当に面白い作品でした。

伝説のルーク・スカイウォーカーが闇を恐れて大きな過ちを犯したこと、善悪で動かない鍵職人が新しい時代への鍵となるメッセージとして「関わるな。」と伝えたこと。

ルッシー
思考の善悪ジャッジに関わるなっ!…ちゅーことだな。

そうそう。

これだけでも素晴らしい内容なんですが、それ以上に心に響くメッセージがありました。

それは・・・

主人公レイの両親は、特にジェダイでも何でもなく、自分たちの酒を飲みたいという欲望を満たすために幼子であるレイを売り払ったというエピソードが出てくるところです。

これがどういうことかと言えば、フォースは何もジェダイでなくても誰でも使えるということを伝えてるんですよね。作品中で、そのことをルークも言っていました。さらにラストシーンでは、何でもない少年が急にフォースに目覚めて力を使い出す描写もあったほどで。

まさに・・・

誰もが愛に目覚める時代が来ること

…を物語っています。

それも当然ですよね。

だって、フォースとは愛とは・・・

「誰しもに働いている生命の力」なんですから。

思考に関わるな!今ここにあるフォースの力に目覚めよ!

スター・ウォーズの今作品を通して、誰もがフォースの力に目覚める方法が伝えられています。

その方法とは、「思考のジャッジに関わらず、今ここにあるフォースの力を感じること」です。

な、なんと!

僕がお伝えしているラブワン講座とまったく同じ内容です。

ルッシー
調子に乗ってんじゃねーしっ!

乗ってねーしっ!笑

ラブワン講座は今までに僕が学んだことを組み合わせて、最短で誰もが愛とひとつになる方法をお伝えしてるだけなんで…僕の完全オリジナルってわけじゃないですからね。

簡単に言えば、良いとこ取りしただけw

って、話が逸れましたが。

愛=生命の力に目覚めること

…が、「最後のジェダイ」は、深く学べちゃう作品なんですよね。

血筋とか才能とか関係ありません。ただ、思考を静めて…今ここにある愛を感じることをトレーニングすれば、誰でもすべてを生かしている生命の力とひとつになることができます。

特別な誰かを目指す必要はありません。

誰もが愛に包まれているのだから。

誰もが生命の力に生かされているのだから。

ルッシー
イエス!ラブワン♪…だなっ!

そうそれ!w

フォースと共にあらんことを!愛=生命の力とひとつへ

血筋的に生まれつき才能があって、色々と感じ取れる直感が冴えていたり、チャネリングができる人もいますし…奇跡のようなヒーリングを起こして来た人たちがいます。

でも、これからは・・・

誰もがフォースの力と繋がる時代です。

愛=生命の力とひとつになって、世界に調和がもたらされてひとつになる時代です。

生命の力とは、調和=バランスをもたらす力に他ありません。

誰もが自分の中にある闇を恐れずに受け入れて、恐怖と戦おうとする思考を手放して関わることをしなくなれば、愛=生命の力によって自然と世界の人々は平和へと導かれます。

そのことを確信させてくれたのは・・・

∞高次元調律∞の存在です。

何でもない僕ですら、∞高次元調律∞が使えるようになりました。

まったく特別な力ではなく、誰でも出来ます。

ルッシー
ホントだよな!ザコのオマエでも使えるわけだし、何ならオマエの奥さんも出来るようになったしなっ!

誰がザコだよっ!笑

でも、本当にそう。奥さんも使えるようになってるw

生命の力の素晴らしさを知ることで、誰もが深く愛に目覚めます。

そのことに一人でも多くの人が気付けるように…これからも地道に活動して行きまっす。

ってな感じで、今日はこの辺で。

See You!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です