真心(ハート)育むコミュニケーション!才能を引き出し合うへ

今回のテーマは、

真心(ハート)育むコミュニケーション

です。

ルッシー
本気と書いてマジと読む!

真心と書いてハートと読む!

ったく、いらない合いの手だなぁ。

・・・邪魔と書いて、ルッシーと読む!笑

 

本題とは関係ありませんが、

メンタル心理カウンセラー資格

が、先日に発行されました。

もちろん資格はあくまで形ですし、

これからさらに精進して参ります。

 

では、本題へ。

身体の感覚に話しかける!表面の感情の奥にある本音とは?

2018.05.25

上の前回の記事では、

自分自身の感覚とコミュニケーションして、

表面の感情の奥にある本音の気持ちを

引き出す方法をお伝えしてきました。

 

その前にお伝えした書き出しワークで

自分自身の過去を振り返ることで、

今の自分を形成しているルーツも分かり、

自分の中の無意識的な反応の習慣が

どうして起こっているのか?

その理由も明確になってきます。

 

このセルフ・カウンセリングによって、

過去に癒しが起こるんですよね。

 

そして、

目を背けて来た自分の気持ちを見るようになり、

その奥にある本音と深く繋がることができます。

 

自分と仲直りして、

すべての自分を愛するようになる。

 

要するに・・・

 

心と身体がひとつに調和

すべての自分と統合(インテグレーション)へ

 

と、導かれるのです。

 

これによって、

アイム・オーケーという

自身への信頼感が高まり、

自分に寛げるようになります。

 

自己肯定感、自分軸の基盤が

しっかりと築けてきます。

 

素晴らしくないですか?

 

さらには、

自分自身とのコミュニケーションが

ちゃんと取れるようになってくると、

他者とのコミュニケーションにおいても

素晴らしい変化が起こります。

 

お互いに寄り添い合って、

相手の個性を認め合って、

それぞれの才能を引き出し合える

真心(ハート)のコミュニケーション

が、取れるようになるんですよね。

カウンセリングは真心(ハート)繋げるコミュニケーションツール!

カウンセリングは、

自分自身とのコミュニケーションに

役立つだけではありません。

 

他者とのコミュニケーションにおいても

カウンセリングをベースに活用すれば、

人と人の真心(ハート)を繋ぐ架け橋

となってくれます。

 

自分自身を深く信頼できるという感覚が、

他者にも感じられるようになります。

 

分離してしまった自分が調和・統合され、

一体感を持てるようになるのと同じように

他者との繋がりにも一体感が出てきます。

ルッシー
一体感と書いてワンネスと読む!

ここで入ってきたか。

回避と書いてスルーと読む!

 

そんなことより、いかがでしょうか?

 

まさに・・・

 

みんなでひとつ!ワンネス!

 

を実感できるようになるんですよね。

すでに完璧な存在同士!お互いの才能を引き出し合う信頼関係へ

セルフ・カウンセリングによって、

自分と深く繋がることができたら、

人と人と心を通わせ合う

本物のコミュニケーション

が、他者とも取れるようになります。

 

お互い完璧な存在として認め合い、

それぞれの才能を引き出し合う

フラットな関係性が築けます。

 

仲間たちと信頼関係によって、

深く結ばれるということですね。

 

シンプルに好奇心を持って、

自分と相手をよく観察して、

どうして?

何でだろう?

という問いを互いに追究することで、

一人ひとりが眠らせている才能が、

次々と開花していきます。

 

好奇心こそがワクワク!

 

子どもの頃に当たり前に持っていた

好奇心と探究心をフルに活動させ、

みんなで一緒に無限の可能性の道を

切り拓いて行くんですよね。

ルッシー
・・・?

いや、好奇心と書いて

ワクワクと読むって言えよ!

どうしてここだけ

だんまり決め込んでんだよっ!!

ルッシー
どうしてだって?そうそう!

その好奇心を待ってたぜ!

黙れ!と書いてルッシーと読む。笑

 

ということで、

セルフ・カウンセリングの方法について

長らくシリーズで書かせていただきました。

 

来月6月17日(日)に開催する講座では、

実際に参加者の方に体験していただくので、

ご興味ある方はぜひ遊びに来てくださいね♪

ルッシー
講座の詳細は下にあるぜー!

おー!ナイス合いの手。

さっきは冷たくしてごめん。

感謝と書いて、ルッシーと読むっ!笑

 

それでは、また次回に。

See You!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です