めたくそダメ出しキャンペーンとは?自分の本音を知るワーク!

今日は、前回記事の最後にご紹介したチャラ・ラ・ラブワン(チャラ~く悟る)メソッドワーク「めたくそダメ出しキャンペーン」について、さらに詳しくお伝えしていきます。

やり方については、下の記事を参照ください。

すべて投影の世界!自分がラブワンすれば世界も愛とひとつへ

2017.11.01

このワークは、この世界のすべてが自分の投影であると分かった上で活用するもので、あえて自分を映し出した世界に対しての憤りを吐き出して、思いきりダメ出しするという内容です。

もちろん、相手に直接伝えるわけじゃありません。

あくまで、自分の本音を知るためのセルフワークでございます。

すべての感情は感じてオッケーであって、むしろ我慢して自分の中に抑圧してしまったら…エネルギーの滞りが起こって悪循環です。

特に怒りや悲しみ、恐れという感情は見ないようにフタをしがちなんですよね。

こういった感情を健全に感じられるようになるのが、このワークの醍醐味。

念のため、テンプレートは下になります。

何で〇〇なんだよっ!

ざけんなよっ!!

もっと△△したら良いだろがっ!!!

ある程度やってすべての感情が感じられるようになったら、感情解放がとてもスムーズになります。そして、自分の中に溜め込んでいた感情が流れ出して手放すことができると・・・

自分の本音に気付くことができます。

ということで、今日はさらに具体的に見ていきましょう。

他人に感じるダメ出しやアドバイスは自分へのメッセージ!

例えば、日常で言えば、他人のFB投稿を見たりしているときにモヤモヤしたり、イライラしたり、この人もっとこうしたら良いのに…と感じたりしたことはありませんか?

ルッシー
お前しょっちゅーだよなっ!

…って、バラさないでw

でも、良いんです。こういうことをしっかり感じてあげるんですよね。

「人は人、自分は自分だから、それぞれの自由だし…自分がとやかく言うことじゃない。」という在り方は素晴らしいことです。が、自分が感じることには制限しないようにしましょう。

まずは、感情を感じ切るということが大事です。

これは自分の投影だから…ということを先に頭で考える必要はありません。そうしてしまうと今までと変わらず、遠慮する気持ちから自分の中に抑圧した感情を押し込めてしまうので。

本気で他人のせい、パートナーのせい、親のせい、家族のせい、社会のせい、世界のせいと…すべて外側のせいにするのがポイントです。普段、押し込めている感情を出して感じちゃってくださいね。

そして、さらに大切なのが・・・

とにかくリラックスして行なうこと。

お風呂に半身浴したり、アーシングしたり、適度な運動をすると心身がリラックスしますから、そういったことをしながら行なったり、終わった後にワークしたりがオススメです。

ワークの内容は紙に書き出しても書き出さなくてもオッケーですし、自分がリラックスしてやり易い心地良い自分流のめたくそダメ出しキャンペーン方法を見つけちゃってください。

ルッシー
ぜーんぶ自分なんだから気楽にいこうぜっ!

ルッシー、ナイスアドバイス!

感情のトンネルを抜けると…そこには本音という太陽の光が!?

このワークを普段から習慣にしていくことで、感情がとてもスムーズに感じられるようになって、考えるではなく感じることのリハビリができるんですよね。

自分を無理に説得したり、追い詰めたりしなくなります。

そして、抑圧した感情が抜けてくると…フラットな自分の本音に気付けるようになる。

なので、頭で考えて気付こう気付こうとしないでください。

大切なのは、とにかく感じることですから。

全部を外側のせいにしてブレーキを外し、我慢してた感情を感じ切ったときに初めて、「あ…なんだ。これが私の本音じゃん。」といった具合に気付きが起こります。

だから、分からなきゃ気付かなきゃ、分かろう分かろうと無理しないでくださいね。

分からないときは、分からなくて良いやーと放っておくのがベスト。

で、何かモヤモヤやイライラなどの憤りが出てきたら、その時に身体に生じている感覚にただ気付いて、ただ感じ続けてあげてください。

そうすることで、自然と・・・

ルッシー
ベストのタイミングで気付きが起こるからよっ!

って、ルッシー!

おいしいとこ持ってくなよー。笑

ってな感じで、このワークを是非ご活用ください。

∞高次元調律∞施術を受けて、ラブワン・チューニング(愛とひとつになる調整)すれば…さらに加速化して、自分の感情解放&本音に気付けるようになります。

こちらも良かったら、お試しになってみてくださいね。

では、また次回に。

See You!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です