感情解放のコツ!ぜーんぶ人のせいにしようキャンペーン♪

さて、今日はちょっと変わった感情解放のやり方をご紹介します。

かなり不謹慎なチャラ悟り(チャラ~く本当の自分と繋がる)メソッドでございます。

その名も《ぜーんぶ人のせいにしようキャンペーン♪》です。笑

ぜーんぶ人のせいにしようキャンペーン♪

ほとんどの人が「真面目かっ!?」とツッコミを入れるまでもなく、小さい頃に親や学校から「人のせいにしちゃいけない」という教えを受けたことから、人のせいにすることを自分に制限するようになっています。

このリミットを外してあげるキャンペーンを行なうことで、人のせいにするという自分の中のタブーを打ち破って、奥底にある感情が解放できるという優れたテクニックです。

もちろん、キャンペーンですから、一時的に行なうだけですのでご安心をw

この世界は、本来は何の意味もない中立でフラットな世界であって、自分の中にあるすべての観念を映し出している投影ワールドです。

全部が何でもないものでありながら、すべて自分自身であるということ。

これをまずは知識としてでも構わないので知っておくことで、《ぜーんぶ人のせいにしようキャンペーン♪》は効果を絶大に発揮します。

身体を緩めてスタート!ジベリッシュでさらに効果アップ!?

いきなり人のせいにしようとしても制限は外れにくいもの。

そのため、まずは身体を緩めてリラックスすることから始めましょう。

ストレッチ、経絡タッピング、半身浴、アーシングなどがオススメです。

感情解放テクニック!全身経絡タッピングとは?

2017.08.16

アーシングが効果的でスゴイ!?地球の大自然パワーと繋がる!

2017.03.01

手軽なものでいえば、経絡タッピングをしてから15分以上の半身浴を行ないます。大地のエネルギーを借りるアーシングは超強力なので、公園などに行けるなら是非ご活用ください。

アーシングしながら、経絡タッピングしたり身体を軽く動かしたりも◎です。

準備ができたら、怒りや悲しみを感じていないか自分に聴きます。

身体が深く緩めば緩むほど感情の解放は起こりやすくなるので、自分自身への質問をするまでもなく怒りや悲しみが出てくることもあります。

感情が出てきたら、追い打ちをかけるように自分に対して・・・次のスペシャル・ブラック・クエスチョンをどうぞ。笑

「誰のせいでこんな目に遭ったんだ?ふざけんな!こんちくしょー!!」

これによって、怒りや悲しみの感情が一気に解放へ向かいます。

対象は、親、家族、パートナー、友人、会社の上司、同僚、社会、世界などなど色々だと思いますが、リミット外して自由に好きなだけ人のせいにしちゃいましょうね。笑

そして、表層に出てきた身体の感覚を味わって、身体のどこにどんな感覚が起こっているかに気付いてあげてください。

あまりに感情が強い場合は、周りに人がいない状況であれば、以前にシェアしためちゃくちゃ言葉を叫びまくって感情発散するジベリッシュを行なうのも良いです。

感情を解放する方法とは?めちゃくちゃ言葉を話す!

2017.07.31

そして、ある程度の発散ができたら、ただ静かに感じる…ということをしてくださいね。

え?関連記事の出し方が上手くなったって?

はい、ワードプレスのテンプレートの新機能を使わせてもらってます。笑

と、良い機能が付いて嬉しかったので話を逸らしてしまいましたが…以上が、《ぜーんぶ人のせいにしようキャンペーン》の感情解放のやり方です。

このワークが終わったら、「自分の思い込みはどこにあったのか?」をちゃんと考えてみましょう。じゃないと単に人のせいにする発散ワークで終わってしまうので。笑

怒りや悲しみの奥には愛がある!感じ切ることで愛の気付きへ

怒りや悲しみ・・・

すべての感情は愛からやって来ています。

これは感情解放を行なっていくことで、とても深まっていく感覚です。

怒るのは愛し合いたいからです。

悲しいのは愛し合いたいからです。

だから、振り切って感情解放して、自分の奥底に眠る愛に触れてみてくださいね。

エゴすらも愛ですから。

今日もキレイにまとりました。笑

ということで、また次回にお会いしましょう。

See You♪

2 件のコメント

  • 第1次合格者の読者モデル

    安藤寛人さん
    吉川貴比呂さん ☆彡
    中山真美さん

    おめでとうございます ╰(*´︶`*)╯♡

    • ありがとうございます♪

      妻が応募したんですよねぇ・・・

      と、人のせいにしようキャンペーンを実践してみました。笑

      が、ランウェイを歩きたいワクワクの気持ちでいっぱいです(^^)/

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です