本気で変わるために必要なのは?フラットな仲間の大切さ

今日のテーマは、

本気で変わるために必要なのは?

フラットな仲間の大切さ

です。

 

と、その前に・・・

ワールドカップ決勝トーナメント

日本×ベルギー戦惜しかったですね~

ナイスファイト!

大善戦だけに悔しすぎます。

 

が、日本代表のチームワークに

とても感動しました。

 

下馬評、批判を見事にスルーし、

目的達成へブレない軸を持って

一試合一試合に集中して臨む雄姿に

心を打たれました。

 

もし、日本に足りないものが

あったとするなら、

それは勝利を信じる力かもしれません。

 

もちろん、

それは選手や監督だけでなく、

僕らも含めた日本国民全員です。

 

だってね、

僕は正直なところ、

2-0で日本がリードしてるとき

「もしかしたら勝てるかも」

と、思っちゃいました。

 

「絶対に勝つ。確信してる。」

という気持ちを持てなかったんです。

 

ルッシー
オマエのせいで負けたんだなっ!

はい、すいません。

信じる心の大切さを

深く学ばせていただきました。

 

今後の自分の活動目的が理想ではなく、

実現する未来を信じる心を強く持ち、

必ず達成していきます。

 

ということで、本題へ

 

  • 変わりたいけど変われない人
  • 変わると決めて行動する人

 

この2つの分かれ目となるポイントは、

 

フラットな仲間がいるかどうかです。

持つべきものは信頼できる友!今までの自分を超える力を授かるへ

人は、変わるときに恐怖を感じます。

 

ホメオスタシスという生命を維持する

本能の機能の働きが作用するので、

これはどうしても避けられません。

 

そして、

大きな変化のタイミングであればあるほど、

自分ではどうして良いか分からない状態に

陥ったりもします。

 

このときにプッシュして支えてくれる

フラットな仲間がいてくれたら、

力を借りて前に進むことができます。

 

しかし、

支えてくれる仲間がいなければ、

元に戻ろうとする力に負けてしまう。

 

これが自分だからこのままで良い。

自分のことだから自分で解決しよう。

 

などという表層の気持ちに惑わされて、

本当の気持ちを見失ってしまうのですね。

 

だからこそ、

心の扉を開いて本音の気持ちに素直になり、

 

一人ではどうにもできないことを受け入れて

正直に仲間に伝えることが大切です。

 

例え上手く伝えられなくても

信頼関係が構築されている仲間であれば、

相手は必ずキャッチしてくれますから。

信頼関係を育む上も下もないフラットなコミュニケーションを!

人との信頼関係を築くには、

上も下もないフラットな

コミュニケーションが重要です。

 

フラットであれば、

時にはプッシュして支えることも

決して押し付け、

コントロールにはなりません。

 

時にはあえて何も言わないことも

決して他人事的な放任ではなく、

相手への配慮、思いやりとなります。

 

このフラットなコミュニケーションには、

常に自分と相手の心と身体のバランスを

見ることが必要不可欠です。

 

バランスは一定ではなく、

その時々の状況によって変化しますから。

 

人の心と身体のバランスは、

相手の言葉と行動のギャップで

読み取ることができます。

 

これは魔法でも何でもなく、

どれだけお互いをしっかり見てるかで

分かるようになってくることです。

 

それに

自分自身だけでは、

自分のバランスをフラットに見ることに

限界があります。

 

だからこそ、

 

信頼できる仲間との支え合いが

大切なんですよね。

 

これは一朝一夕ではできません。

月日をかけて、育むものです。

 

ということで、

近々に気軽に仲間と交流できる会を

企画していきます。

 

相手の目を見て、表情を見て、声を聴いて、

しぐさや身体のジェスチャーを感じ取って、

フラットなコミュニケーションを育む

楽しい場にできたらと思います。

 

正式に決まったら、

また告知させていただきますね。

 

ということで、今日はここまで。

See You!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です