自分と繋がるコミュニケーションとは?身体の感覚と会話する!

今回のテーマは、

自分と繋がるコミュニケーション

について。

 

カウンセリングで自分と繋がる!恐怖を受け入れて情熱の今へ

2018.05.15

上の前回記事の続きです。

 

怒りやイライラなど

感情が起こるパターンを書き出した紙と

インナーチャイルドがどこにいるのか?

幼少期の境遇を書き出した紙を

照らし合わせることで、

自分の中で起こっている無意識の自動反応

どういった時に何が原因で生じるのか

分かるようになります。

 

今までは無意識の自動反応に乗っ取られ、

強い感情に支配されてしまって、

自由に行動を選択することができませんでした。

が、上の2種類の書き出しワークによって、

無意識の自動反応により起こっていた

感情に意識的になることができます。

これが前回のおさらいですね。

 

そして、

ここから大切になるのが、

自分と繋がるコミュニケーションです。

 

やり方は、とてもシンプル。

無意識に反応していた感情に意識的になると、

その感情が生じているときに感じる

身体の感覚にも気付けるようになります。

 

感情とは、身体の感覚とひとつに

繋がっているんですよね。

 

ということで、

怒りやイライラやモヤモヤなどの

感情が起こったら、

その時に生じている身体の感覚に

意識を向けてみてください。

 

そして、

身体の感覚と会話しましょう。

ルッシー
ん?ヴィパッサナー瞑想と一緒じゃね?

あ、わかった?

そうなんですよね。

ヴィパッサナーと本質は同じなんです。

ヴィパッサナー瞑想の効果とは?「私」という習慣をリセット!

2018.04.15

シリーズ記事は、上になります。

 

ヴィパッサナー瞑想は、

思考、感情、身体の感覚という

自分の中で生じている

すべてのエネルギーに意識を向けて、

ただあるがままに眺めるといった

瞑想法なわけですからね。

マインドフルネスも同様です。

セルフ・カウンセリングは自分との積極的コミュニケーション!

セルフ・カウンセリングと

ヴィパッサナー瞑想との違いは、

自分とのコミュニケーションに

主体性を持つという点ですね。

 

ヴィパッサナーは、

自分というエネルギーを

ただあるがままに見るものです。

 

セルフ・カウンセリングは、

2種類の書き出しワークによって、

無意識の反応を明確化していき、

自分に起こっている感情、

その奥にある身体の感覚が、

どういったときに生じるかを知り、

その感覚と積極的に会話します。

 

本質は同じですが、

セルフ・カウンセリングすることで、

今の自分という習慣が、

何をベースに作らているのか?

その理由を把握できるわけですよね。

現代はパソコンとスマホが

身近にある情報化社会となっていて、

人はいろんな情報を簡単に手にできます。

それはとても便利なことですが、

感じるよりも先に頭を使うことが

はちゃめちゃに多いわけです。

 

だからこそ、

頭を使って理解することもすごく大切で、

そのためにセルフ・カウンセリングを行ない、

客観的な自己観察から自分を分析すること

とても重要になります。

ルッシー
確かになぁ。てか、話が逸れてね?

良いじゃん!

今まで自分がやってきたことを

振り返って分析させてーw

ルッシー
オマエって分析好きで、

思考がめちゃ強いもんな~!

だから、その特徴を生かすってことか。

クックック…ウケる!

そうなんだよね。

分析好きは俺の個性で、

それも才能だから。笑

自分の感覚と会話するには?身体の感覚に寄り添って話を聴く!

と、確かに話が逸れちゃったので、

自分の感覚と会話する方法

説明していきますね。

 

自分の感覚というのは、

身体に起こっている感覚のことです。

 

普段から身体には色んな感覚が起こっていて、

あなたにメッセージを送っています。

が、思考が優位になってしまっていると

その感覚を感じることが難しくなります。

 

セルフ・カウンセリングで頭の整理ができ、

思考の奥にある感情と身体の感覚へ

意識をまっすぐと向けれるようになります。

 

感覚が優位になった状態で、

あなたの身体の感覚に耳を澄まし、

身体の感覚が何を伝えようとしているか

ただあるがままに寄り添って

味わうように聴いてみてください。

 

感覚を優先したコミュニケーションで、

ただあなたを感じるのです。

 

と、長くなってしまったので、

具体的な方法は次回にお伝えします。

ルッシー
それ前回も言ってなかったか?

てか、余計な話が多すぎだしっ!

確かに。笑

ということで、

See You!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です