アセンションとは!?善悪がない本物だけの世界へ

さてさて、M-1グランプリの話でしたよね?

いやー、良い感じでスベったし、もうその話は勘弁してもらえないですか~?…って、俺が勝手に話し出したくせにそりゃないだろ?っすよねw

9月21日にM-1のステージへ立ったわけですが、翌日は22日秋分の日だったわけで・・・実は、この日を境にスピリチュアルの世界で注目されているアセンション》を実感しました。

もちろん、僕なりの解釈でしかありませんが…アセンションとは、上下がなくなり、善悪を超え、本物だけの世界へシフト』することだと思います。

何それ意味わかんねーしっ!!!

と、ツッコミ入れてくれた人。大好き♡

アセンションは本音で生きる時代へのシフト!

言わば、二元からノンデュアリティーへ時代が変わるってことっすかね。

「はぁ?アセンションを実感したとか抜かしやがって・・・ノンデュアリティ―とか、悟りの流行言葉に乗っかってんじゃねーよ!このパクリ野郎っ!!」

というツッコミを入れてくれた人。オー!ワンダフォー♡

さらには・・・

「てか、前回と同じようにオマエが漫才でスベッた話を先延ばしにしたいんだろっ!!?」

というツッコミを入れてくれた人。ヤダもうっ正解!♡

ってな感じで、そろそろじゅんやとのM-1スベリ体験談をシェアしていきまっす。笑

けど、その前にどうしても一言だけ伝えたい。二元(3次元)の世界の終焉、そして非二元=ノンデュアリティー(5次元)の世界が…アセンションの時代が確かに始まったということを。

本音がお互い言えない…そして、本番へ突入!!

prairie-dog-1470659_640

じゅんやとのM-1チャレンジ。

僕は今回のために新ネタを作ったわけですが、急に仕事の用事が入ってしまったり、体調がフラフラで何も考えられなかったりと、思うようにネタが完成せず・・・と言った状況でした。

それを心配してラインを送ってきてくれたじゅんや。エロいけどイイヤツっすよねw

あ、じゅんやはエロくないか。ただ、下ネタ連発なだけかーww

s__78815266

で、一人で抱え込むのはやめようと、アイディアが欠乏してることを伝えたんですよー。

そしたら、じゅんやもいろいろとアイディアを出してくれて…2人での打ち合わせ時には、一緒にネタを考えたりするなどしてくれて、何とかネタの概要が出来上がっていったんすよね。

で、やっと台本らしい台本ができてきて、カラオケで初のセリフ合わせをしてみたんですが、自分の頭の中のイメージとまったく違っていて、こりゃどうしたものか!?と困惑必死。

じゅんやは初心者ですから、最初から上手くできるわけないのは百も承知で・・・だけど、ぶっちゃけめちゃめちゃ下手っぴでどうしましょ!?って感じてました。

じゅんやゴメン!!でも、ホント下手だったから。笑

このままじゃヤバくない!?二回戦に進出できない!

パソコンがフリーズしてしまったときと同じくらい、俺の心は硬直状態になってましたね。

昔の僕は、とにかくウケた過去ネタを持ち出して、短時間で形にするためにツッコミを自分が担当し、それを反復練習で覚え込む・・・などして、とにかく結果重視の行動に出るタイプ。

が、今回はそのすべてを捨て去って、新ネタを完成させ、じゅんやがツッコミで俺がボケ・・・さらには、2人での練習時間は短時間で1人で練習したほうが集中できるというじゅんやの希望に合わせたんすよ。

でも、2人での練習時に読み合わせするかぎり、僕の中ではウケる!行ける!という実感はゼロのまま。

そこで俺が行なったのは、じゅんやの希望にもっと耳を傾け、それに合わせてじゅんやの負担を減らすことでした。じゅんやキッカケのセリフを減らし、俺のセリフを増やすなど台本を何度も書き直しました。

そうこうしてたらアッという間に日数がたち、2人でちゃんと声を出して練習する時間がぜんぜん取れず、結局は本番当日にやっと2~3時間やれたのみ。

もっと練習したい!それが漫才には欠かせない!!

僕はその主張を、じゅんやに一切言えないまま・・・THE JAYWALK的にいえば、「何も言えなくて、夏」。いや、残暑か。

本番3日前くらいからは、1日4~5時間は最低でも練習したいと思ってたのに。

そして、相方のじゅんやは、もう逃げたい!エントリー拒否したい!!という本音を僕に吐けないまま…お互いに腹を割れない状態で当日を迎えたのでした。下のブーたれ猫2匹のようにw

s__48824334
どうして2人は本音を言えなかったのか?

次回!涙の感動秘話!?は、いよいよクライマックスへ!笑

ということで、またね~♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です